メインメニューを開く

朝日町立大谷小学校(あさひちょうりつおおやしょうがっこう)は山形県西村山郡朝日町にある公立小学校

朝日町立大谷小学校
Ooyasho Jun2.JPG
過去の名称 大谷村立大谷小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 朝日町
設立年月日 1873年6月20日
共学・別学 男女共学
所在地 990-1304
山形県西村山郡朝日町大字大谷1147番地
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

大谷小学校は山形県の内陸部、新潟県境に近い朝日町にある。学校の背後(北方)には月山がそびえ、西には遠く朝日連峰を望む。学区内には大谷地区の7集落をはじめ、中沢、真中、舟渡、栗木沢、川通、大暮山、大沼の14集落がある。大江町に隣接している。農村部にあり、兼業農家が多い。かつては大沼と大暮山、川通に大谷小学校の分校が設置されていたが、児童数の減少に伴って本校へ集約することになり、閉校になった。

沿革編集

  • 1873年(明治6年)6月20日 - 大谷学校創立(大谷永林寺を借り受けて設立)
  • 1874年(明治7年)10月5日 - 大沼分校創立(第四番学区大沼分校と称する。最上盛江氏の道場を借り受けて設立)
  • 1875年(明治8年) - 村社熊野神社に移転、大沼分校と称する
  • 1879年(明治12年)9月 - 大谷学校の前所在地(大谷1472)に新築移転
  • 1883年(明治16年)
    • 11月16日 - 大暮山(おおぐれやま)分校創立
    • 11月21日  大谷学校大沼分校となる
  • 1892年(明治25年)10月1日 - 大谷尋常小学校と改称(小学校令実施)
  • 1896年(明治29年)4月17日 - 大谷尋常高等小学校と改称
  • 1902年(明治35年)11月25日 - 川通分教場(尋常科4年)を新設(2月~3月の冬期間のみ)
  • 1940年(昭和15年)11月3日 - 校歌を制定(土井晩翠作詞、橋本國彦作曲)
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 大谷村国民学校と改称(国民学校令実施)
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 大谷村立大谷小学校と改称(学制改革)
  • 1954年(昭和29年)11月1日 - 町村合併により朝日町立大谷小学校と改称。朝日町立大谷小学校大沼分校、朝日町立大谷小学校大暮山分校となる。
  • 1961年(昭和36年)2月11日 - 新しい校歌を制定(横山美智子作詞、由起しげ子作曲)
  • 1966年(昭和41年)3月23日 - 校章制定、校旗樹立
  • 1969年(昭和44年)8月15日 - プール落成
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 川通分校休校
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 川通分校1年生男子2名入学で再開)
  • 1995年(平成7年)3月10日 - 大沼分校新校舎落成式・祝賀会
  • 1997年(平成9年)3月8日 - 川通分校が閉校し本校に統合
  • 1999年(平成11年)
    • 3月22日 - 大暮山分校閉校式
    • 8月24日 - 新校舎入校式
  • 2009年(平成21年)
    • 3月22日 - 大沼分校閉校記念事業
    •  4月1日 - 山形県内初の民間出身小学校校長着任

学区編集

  • 大谷地区(立小路、田中、高木、浦小路、峯檀、東、粧坂)、中沢、真中、舟渡、栗木沢、川通、大暮山、大沼[1]

児童数編集

年度 男子 女子
2012 41 37 78
2011 42 38 80
2010 46 44 90
2009 42 47 89
2008 44 43 87
2007 45 51 96
2006 51 56 107
2005 58 61 119
2004 59 64 123
2003 61 70 131
2002 62 70 132
  • 各年度の4月1日現在の児童数。2008年度までは大沼分校の児童も含む。

所在地編集

  • 山形県西村山郡朝日町大字大谷1147番地

卒業後編集

交通編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集