メインメニューを開く

左沢駅

日本の山形県西村山郡大江町にある東日本旅客鉄道の駅

左沢駅(あてらざわえき)は、山形県西村山郡大江町大字左沢字前田(まえた)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)左沢線。同線の終着駅。駅名の左沢(あてらざわ)は難読漢字として知られており、鉄道マニアからは知る人ぞ知る最難読駅の一つと数えられている。

左沢駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
あてらざわ
Aterazawa
柴橋 (2.0km)
山形県西村山郡大江町大字左沢字前田876-18
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 左沢線
キロ程 24.3km(北山形起点)
電報略号 アテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
306人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1922年大正11年)4月23日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
駅裏側

目次

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線をもつ地上駅である。留置線が1線ある。行き止まりの配線となっており左沢線の線路は構内で途切れている。線路脇の空き地は、かつて貨物を扱うための設備があったところである。

2002年に供用を開始した現在の駅舎は、大江町交流ステーションとの合築である。円柱の上に円錐が乗っているような場所の辺りが交流ステーション、写真右手の平屋が表に出ている部分が純粋な意味での駅舎となっている。交流ステーション内には、町営の売店(駄菓子や雑貨から町の物産まで扱っている)や大江町で毎年9月に行われる「おおえ秋まつり」に関する展示ホール(囃子屋台や獅子舞の現物を展示している。円柱部分はまさにこのホールである)、大江町の商工会・会議室・多目的ホールが入っている。純粋に駅舎として使用されている部分には、出札窓口や待合所などがある。

寒河江駅が管理し、JR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅みどりの窓口(営業時間 8時20分 - 15時50分〈休憩時間あり〉)は設置されているが、自動券売機や自動改札機は設置されていない。早朝・夜間は無人となり、乗車時は車内で整理券を取り、降車時は運賃箱に切符や運賃を入れる。駅前広場が整備されており山交バス(宮宿(朝日町)行)などの発着もある。

最終列車到着後は夜間滞泊せず、寒河江駅に回送される(同様に当駅発の一番列車も寒河江駅から回送される)。

利用状況編集

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は306人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 487 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 402 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 456 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 463 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 466 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 443 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 421 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 413 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 389 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 396 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 392 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 387 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 378 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 357 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 330 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 311 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 309 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 306 [利用客数 1]

駅周辺編集

周辺は大江町の中心部で民家や商店等が立ちならぶ。町は当駅を中心とした観光の促進に取り組み、駅前には主な観光地への地図等が整備されている。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
左沢線
柴橋駅 - 左沢駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

  1. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集