朝日酒造 (鹿児島県)

鹿児島県

朝日酒造株式会社(あさひしゅぞう)は、鹿児島県蔵元奄美黒糖焼酎の「朝日」、「たかたろう」などの製造・販売業を行っている。原料のサトウキビの一部は自社生産を行っている[1]

朝日酒造株式会社
Asahi Distillery Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
891-6202
鹿児島県大島郡喜界町湾41-1
設立 1960年(創業1916年
業種 食料品
法人番号 5340001011016
事業内容 焼酎製造、販売
代表者 喜禎浩之(代表取締役社長)
外部リンク http://www.kokuto-asahi.co.jp/
テンプレートを表示

目次

会社データ編集

  • 本社:鹿児島県大島郡喜界町湾41-1
    • 喜界島内に製造工場、事務所・瓶詰工場、貯蔵蔵、製糖工場を持つ。

銘柄編集

  • 朝日(30度、25度) - 代表銘柄。
  • 壱乃醸朝日(25度) - 黒麹、黒糖倍増。
  • 飛乃流朝日(25度) - 国産米使用、黒糖減量。
  • 奄美黒潮(35度) - 仕次ぎ熟成。
  • 島育ち(25度) - 仕次ぎ熟成。
  • 陽出る國の銘酒(ひいずるしまのせえ)(42‐44度) - サトウキビから自社生産、5年熟成原酒。
  • 南の島の貴婦人(44度) - 約70度の初垂れを割り水調整。
  • たかたろう(25度、12度) - 減圧蒸留
  • 黒糖物語 - 仕次ぎ熟成。
  • 慶杯

行事編集

2012年12月および2013年12月、特定非営利活動法人オーガニックアイランド喜界島が貯蔵蔵と敷地を使ってオーガニックマルシェ&蔵コンサートを開催した。

沿革編集

  • 1916年 - 喜禎康二が泡盛を製造する喜禎酒造所として創業[1]
  • 1960年 - 株式会社化し、朝日酒造株式会社と改称。
  • 1985年 - 事務所、瓶詰め場を移転(喜界町湾446-16)。
  • 1987年 - 瓶詰専用工場完成。
  • 2000年 - 原料用サトウキビの栽培開始。
  • 2004年 - 貯蔵蔵(喜界町湾167)完成[2]
  • 2011年 - 原料用陸稲の栽培開始[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 奄美黒糖焼酎蔵めぐり:朝日酒造株式会社” (日本語). 鹿児島県酒造組合奄美支部 (2012年). 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ 朝日酒造株式会社:陽出る國の酒蔵:会社概要” (日本語). 朝日酒造株式会社 (2011年). 2015年1月15日閲覧。

外部リンク編集