メインメニューを開く

朝比奈 泰勝(あさひな やすかつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将旗本今川氏徳川氏の家臣。

 
朝比奈泰勝
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文16年(1547年
死没 寛永10年9月23日1633年10月25日[1]
別名 通称:弥太郎→宗左衛門
戒名 日義[1]
幕府 江戸幕府 旗本
主君 今川義元氏真徳川家康頼宣
氏族 朝比奈氏
父母 父:朝比奈泰知
兄弟 泰冬泰雄泰勝[2]
泰成泰吉
養子:泰重青山忠成三男)[1]

生涯編集

天文16年(1547年)、朝比奈泰知(道半)の子として遠江国で生誕。

朝比奈氏鎌倉時代の御家人・朝比奈義秀の後裔と称し、駿河国今川氏に代々仕えていた。永禄3年(1560年)、主君・今川義元桶狭間の戦い尾張国織田信長に討たれた後、多くの家臣が徳川家康に臣従した中で、朝比奈氏は義元の子・氏真に仕え、氏真衆の側近として海老江里勝と共に従っていた。

戦国大名家としての今川氏が滅亡後も氏真の下にあったが、天正3年(1575年)、長篠の戦いが起きると氏真の使者として徳川陣中を見舞った際に、甲斐国武田勝頼の武将・内藤昌豊を討ち取っている。これに感心した家康は氏真から泰勝をもらい受けたという。

以後は徳川氏の家臣として、天正12年(1584年)の長久手の戦いでも戦功を挙げた。天正16年(1588年)、北条氏直豊臣秀吉と和議を持とうとした際には使者として小田原城に赴き、北条氏規に上洛を促した[3]。天正18年(1590年)の小田原征伐でも使者として氏直と秀吉の間を行き来した[1]

後に旗本として大番頭となり、慶長7年(1602年)10月2日に近江国栗太郡において1000石を賜った。その後、家康の十男・徳川頼宣附きとなり、慶長13年(1608年)2月20日に常陸国茨城郡の2000石を加増された[1]

寛永10年(1633年)9月23日、紀伊国和歌山において死去。享年87。

登場する作品編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 寛政重修諸家譜』巻第五百二十四
  2. ^ 系譜上の泰勝の兄弟は泰冬・泰雄とされるが、文書から確認できる実名は泰冬→泰雄、泰雄→泰寄であるという(浅倉直美「北条氏規家臣朝比奈氏について」戦国史研究会 編『戦国期政治史論集 東国編』(岩田書院、2017年) ISBN 978-4-86602-012-9)。
  3. ^ 泰勝の兄弟である泰寄(泰雄)は今川義元の命で今川氏の人質であった北条氏規に付けられ、そのまま氏規に仕えたという(浅倉直美「北条氏規家臣朝比奈氏について」戦国史研究会 編『戦国期政治史論集 東国編』(岩田書院、2017年) ISBN 978-4-86602-012-9)。