メインメニューを開く

木内 九二生(きうち くにお、1966年11月14日 - )は、日本プロ野球審判員

来歴・人物編集

日本大学明誠高等学校拓殖大学大昭和製紙北海道を経て、1998年セントラル・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は15(2010年までは30)。 特徴的なのは、ストライクゾーンを広めにとることで、選手が選ぶベストアンパイアの上位に選出されている。 クロスプレーの際のアウトをジャッジする際は左手で行っている。(また投手にボールを投げる際も左利きである)。 2013年日本シリーズに初出場を果たし、第2戦で球審を務めている。 2014年現在、連帯労組プロ野球審判支部長。

2016年5月3日、埼玉西武ライオンズオリックス・バファローズ7回戦(西武プリンスドーム)で球審を務め、史上122人目となる通算1000試合出場を達成した[1]

審判出場記録編集

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注編集

  1. ^ 木内九二生審判員 1000試合出場達成のお知らせ - NPBニュース(日本野球機構オフィシャルサイト)、2016年5月3日