王滝御嶽神社(おうたきおんたけじんじゃ)は、長野県木曽郡王滝村にある神社。王滝口御嶽神社(おうたきぐちおんたけじんじゃ)、御嶽神社王滝口(おんたけじんじゃおうたきぐち)ともいう。木曽御嶽山への山岳信仰に基づく神社。山頂に奥社、山麓に里宮がある。

王滝御嶽神社
Ontake-jinja Otaki Saromiya Honden.jpg
里宮の本殿拝殿
所在地 長野県木曽郡王滝村3315番地(王滝御嶽神社別殿)
位置 北緯35度48分34.5秒
東経137度33分20.5秒
座標: 北緯35度48分34.5秒 東経137度33分20.5秒
主祭神 里宮、奥社:国常立尊 大己貴命 少彦名命
社格 旧県社
本殿の様式 御嶽神社・里宮
別名 御嶽神社王滝口、王滝口御嶽神社
札所等 王滝御嶽神社の神社社殿・社務所を参照
例祭 王滝御嶽神社の祭事を参照
主な神事 王滝御嶽神社の祭事を参照
テンプレートを表示

由緒編集

伝承によれば木曽御嶽山頂上奥社は大宝2年(702年)信濃国司高根道基が創建し、ついで延長3年(925年)白川少将重頼が木曽御嶽山へ登山し神殿を再建した。 また、一合目里宮社は文明16年(1484年)再建、文亀3年(1503 年)再興と記録にある。 天明2年(1782年)に覚明行者が木曽御嶽山黒沢口登山道を、寛政4年(1792年)に普寛行者が木曽御嶽山王滝口登山道をそれぞれ開き、講社を作り軽精進潔斎による木曽御嶽山登山を奨励したことにより、御嶽講(山岳信仰)が全国に広まり、今日に至り、御嶽教の信者が参拝を欠かさない。 里宮(さとみや)、十二大権現(じゅうにだいごんげん)、八海山神社(はっかいさんじんじゃ)、三笠山神社(みかさやまじんじゃ)、田ノ原大黒天(たのはらだいこくてん)、頂上奥社(ちょうじょうおくしゃ)の各社殿からなる。

 
御嶽神社王滝口の王滝頂上奥社社殿

祭神編集

主祭神は以下の3柱。 国常立尊(くにとこたちのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと) 少彦名命(すくなひこなのみこと)

主祭神以外については、各宮の項目を参照。

歴史編集

  • 大宝2年(702年)文武天皇の治世、信濃国司高根道基が奥社を創建
  • 宝亀5年(744年)光仁天皇の治世、信濃国司石川朝臣望足が勅命を奉じ、木曽御嶽山へ登山し悪疫退散を祈願
  • 延長3年(925年)白川少将重頼が木曽御嶽山登山し奥社神殿を再建
  • 応保元年(1161年)後白河上皇の勅使が木曽御嶽山登山参拝
  • 文明16年(1484年)一合目里宮社が再建
  • 文亀3年(1503年)一合目里宮社が再興
  • 寛文4年(1664年)木曽代官山村良豊が里宮社殿再建
  • 天明2年(1782年)に覚明行者が木曽御嶽山黒沢口登山道を開く
  • 寛政4年(1792年)に普寛行者が木曽御嶽山王滝口登山道を開く

社殿・社務所編集

 
御嶽神社里宮
  • 社殿
    • 里宮(さとみや)一合目にあり、「本社(ほんしゃ)」「若宮(わかみや)」「岩戸権現(いわとごんげん)」とも呼ばれる。祭神は国常立尊(くにとこたちのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)。
    • 十二大権現(じゅうにだいごんげん)四合目下にあり、祭神は木花開耶姫命(このはなさくやびめのみこと)。
    • 八海山神社(はっかいさんじんじゃ)五合目にあり、祭神は国狭槌尊(くにさつちのみこと)。
    • 三笠山神社(みかさやまじんじゃ)七合目、三笠山頂上にあり、祭神は豊斟停尊(とよくむぬのみこと)。
    • 田ノ原大黒天(たのはらだいこくてん)七合目にあり祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)。
    • 頂上奥社(ちょうじょうおくしゃ) 木曽御嶽山王滝口頂上にあり、祭神は国常立尊(くにとこたちのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)。
 
御嶽神社王滝口の里宮にある社殿
  • 社務所
    • 別殿社務所・一合目
    • 里宮社務所・一合目
    • 里宮拝殿・一合目
    • 八海山社務所・五合目
    • 田の原社務所・七合目
    • 遙拝所社務所・七合目
    • 頂上社務所・木曽御嶽山王滝口頂上

祭事編集

  • 年中行事
    • 1月1日 歳旦祭 里宮
    • 1月5日新年御神楽始め祭 別殿
    • 1月16日 厄除交通安全祈願祭 別殿
    • 2月1日 古神札焚上げ祭 里宮
    • 春分の日 春祭 里宮
    • 5月1日 合併神社祭 里宮
      招魂社祭 招魂社
    • 6月30日 大祓式 別殿
    • 7月1日 開山祭 田の原
    • 7月10日 頂上奥社開山祭 頂上奥社
    • 7月27~28日 御嶽神社例大祭 里宮・八幡堂
    • 9月初旬 頂上奥社閉山祭 頂上奥社
    • 9月10日 講祖(普寛行者覚明行者)本社祭
    • 10月第3土曜、日曜日 霊神社合祀慰霊大祭 里宮
    • 11月23日 秋祭 里宮
    • 12月31日 除夜祭 里宮
  • 毎日の祭事
    • 毎月1日および15日 月並祭 里宮・別殿
 
御嶽神社王滝口の7月に行われる例大祭

御嶽山信仰、行者、講社編集

御嶽山の歴史・信仰および御嶽教を参照。

文化財等編集

  • 古記録・絵画等
    • 古祭文祝詞
    • 王御嶽山清女行法巻 文亀3年(1503年) 室町時代の古祭文
    • 角倉与一奉納絵馬 寛文8年(1668年)
    • 千羽鶴絵馬 慶応2年(1866年)
    • 龍虎の図 寛文4年(1664年)
    • 天狗の面
    • 山村代官絵馬
    • 風流踊りの図 享保18年(1733年)
  • 普寛行者ゆかりの品
    • 愛用の茶器と椀
    • 開山登山の節の護身用小刀
    • 普寛行者道中日記
    • 普寛行者一行に宛てた書状
    • 開山登山の節の護身用天狗の爪

現地情報編集

長野県木曽郡王滝村3315番地 別殿(滝旅館内)

  • 交通アクセス

参考文献編集

  • 王滝村史
  • 『信州の文化シリーズ 寺と神社』1981年 信濃毎日新聞社
  • 『木曽のおんたけさん―その歴史と信仰』菅原壽清、中山郁、時枝務、岩田書院、2009年8月。ISBN 978-4872945690

関連項目編集

外部リンク編集