木村 匡良 (きむら まさよし、1962年5月16日 - )は日本検察官さいたま地方検察庁刑事部長を経て、秋田地方検察庁検事正[1]東京地方検察庁特別捜査部勤務の際、陸山会事件の捜査の主任検事であった。部下の田代政弘らと共謀して虚偽の捜査報告書を検察審査会に提出し、小沢一郎の起訴相当議決をさせたとして、偽計業務妨害罪健全な法治国家のために声をあげる市民の会から告発された[2]が、不起訴 となった。なお、法務大臣からは戒告懲戒処分を受けた[3]

きむら まさよし
木村 匡良
生誕 (1962-05-16) 1962年5月16日(57歳)
愛知県北名古屋市
出身校 東京大学法学部
職業 検察官

経歴編集

愛知県北名古屋市出身[4]東京大学法学部卒業後、1990年検察官任官。東京地方検察庁検事を経て、2010年東京地方検察庁立川支部検事。名古屋高等検察庁検事を経て、2014年さいたま地方検察庁刑事部長。2016年横浜地方検察庁小田原支部長。2018年秋田地方検察庁検事正仙台高等検察庁秋田支部[5][6][7]。2019年大津地方検察庁検事正。

虚偽の捜査報告書について編集

  • 田代政弘が作成した虚偽の捜査報告書は検察審査会に提出されており、小沢一郎の起訴相当議決の大きな要因になった可能性があるとされる。東京地方裁判所2012年4月26日の小沢一郎への判決で、「検察官が、公判において証人となる可能性の高い重要な人物に対し、任意性に疑いのある方法で取り調べて供述調書を作成し、その取調状況について事実に反する内容の捜査報告書を作成した上で、これらを検察審査会に送付するなどということは、あってはならないことである」「本件の審理経過等に照らせば、本件においては事実に反する内容の捜査報告書が作成された理由経緯等の詳細や原因の究明等については、検察庁等において、十分調査等の上で対応がなされることが相当であるというべきである」と論じ、検察を厳しく批判した[8]
  • この問題について石川知裕の取り調べ責任者であった田代は、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」から虚偽有印公文書作成・行使と偽証の容疑で2012年1月12日告発された。さらに同会は、2012年6月27日に木村のほか、陸山会事件の捜査に関わった佐久間達哉大鶴基成齋藤隆博吉田正喜、堺徹の各検事を検察審査会に対する偽計業務妨害や虚偽有印公文書作成・行使、犯人隠避などで告発した。
  • また、2012年5月2日夜に、インターネット上に供述録とされるもの[9]、及び調書とされるもの[10]の2文書が投稿された。
  • 健全な法治国家のために声をあげる市民の会は、2012年8月23日の検察審査会申し入れ書の別紙において、この「木村報告書」について「常軌を逸したものである」「徹頭徹尾、小沢氏の起訴議決を引き出そうという露骨なまでの意図が明らかな文書」「検察審査会審査員に読ませて誤誘導することが目的」と厳しく非難した[2]
  • この虚偽の捜査報告書の作成について、当時の法務大臣・小川敏夫は、検察が田代個人の記憶違いとして幕引きを図っているのはおかしいとして、再調査指示の指揮権発動を内閣総理大臣野田佳彦(当時)に相談したが認められなかった、と述べた。また小川はインタビューにおいて、この件が理由で解任されたことをほのめかしている[11]
  • 2012年6月27日付けで、刑事処分としては不起訴 となった。なお、法務大臣からは戒告の懲戒処分を受けた[3]
  • 不起訴処分を受けて、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は、2012年8月23日、田代を虚偽有印公文書作成及び行使と偽証、元東京地検特捜部長・佐久間達哉と元東京地検特捜部検事・木村匡良を虚偽有印公文書作成及び行使の共犯で、検察審査会に申し立てを行った[2]
  • 2013年4月19日に東京第一検察審査会は、田代の不起訴不当を、元上司について不起訴相当をそれぞれ議決した[12]
  • 2013年8月12日、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」は、田代政弘及び木村が「石川議員の逮捕状を請求するために、事実と異なる内容を記載していた」件について、虚偽有印公文書作成及び行使容疑で、最高検察庁に告発した[1]

主な担当事件編集

陸山会事件
東京地検特捜部に勤務していた際に担当。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2014.11.10付法務省人事”. Westlaw Japan. 2015年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c 田代検事およびその上司に対する刑事告発について”. 健全な法治国家のために声をあげる市民の会. 2013年9月9日閲覧。
  3. ^ a b 【陸山会事件】虚偽捜査報告書作成の田代検事が辞職 上司らも処分”. MSN産経ニュース (2012年6月27日). 2013年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月9日閲覧。
  4. ^ 迅速、適正に」木村検事正着任 地検で会見 /滋賀毎日新聞2019年9月14日
  5. ^ [1]日本経済新聞
  6. ^ [秋田地検、木村検事正が着任2018年1月24日 掲]秋田魁新報
  7. ^ 秋田地検「県の安全貢献」 木村検事正着任 会見で抱負 /秋田毎日新聞 2018年1月24日 地方版
  8. ^ 小沢一郎氏「土地取引で強制起訴も無罪判決」全文を一挙公開(PDFファイル内)”. NEWSポストセブン (2012年5月7日). 2013年9月9日閲覧。
  9. ^ 「石川録音文字起こし(と思われるもの)」
  10. ^ 「田代・斎藤・木村報告書(と思われるもの)」
  11. ^ 「指揮権発動について再び首相と会う前日に更迭された」、「小沢裁判の虚偽報告書問題は『検事の勘違い』などではない!!」小川敏夫前法務大臣に真相を聞いた(現代ビジネス)
  12. ^ 陸山会事件「記憶の混同」、元検事に不起訴不当 読売新聞 2013年4月22日

関連項目編集


先代:
川原隆司
秋田地方検察庁検事正
2018年 - 2019年
次代:
鈴木真理子
先代:
吉池浩嗣
大津地方検察庁検事正
2019年 -
次代:
(現職)