メインメニューを開く

木村 晴美(きむら はるみ、1965年 - )は、日本手話教育者研究者国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科教官、NHK手話ニュース845キャスター、明晴学園理事

目次

人物・経歴編集

山口県豊浦郡豊北町(現下関市)出身。山口県立聾学校下関分校山口県立豊北高等学校を経て、1989年日本社会事業大学社会福祉学部卒業、世田谷区役所入庁。2004年一橋大学大学院言語社会研究科第一部門修士課程修了[1][2]。2014年同博士課程単位取得退学[1]。指導教員はイ・ヨンスク[3]

1991年から国立身体障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳専門職員養成課程(現国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科)教官を務める。1995年からNHK手話ニュース845キャスター[1]。『現代思想』1995年3月号に市田泰弘と「ろう文化宣言」を発表し手話理解に大きな影響を与えた[4]。2007年学校法人明晴学園理事[1]。2013年国立民族学博物館共同研究員[1]

著書編集

  • 『はじめての手話』(共著)日本文芸社 1995年、改定新版2014年
  • 『やさしい手話入門』(監修)日本文芸社 1997年
  • 『日本語を母語とする聴者の日本手話の学習過程に関する研究』厚生科学特別研究事業 1999年
  • 『日本手話とろう文化』生活書院 2007年
  • 『ろう者の世界』生活書院 2009年
  • 『日本手話と日本語対応手話』生活書院 2011年
  • 『ろう者が見る夢』生活書院 2012年

脚注編集

外部リンク編集