木村 登紀子(きむら ときこ、1940年10月27日 - )は、日本心理学者学位博士(文学)東北大学2005年)。聖路加国際大学名誉教授

聖路加看護大学看護学部教授淑徳大学総合福祉学部教授、日本ヒューマン・ケア心理学会常任理事などを歴任した。

経歴編集

1964年東北大学文学部(心理学)卒業。1966年、東北大学大学院文学研究科修士課程(心理学専攻)修了。1968年、東北大学大学院文学研究科博士後期課程中退。聖路加看護大学の看護学部にて 教授などを歴任した。2001年、淑徳大学教授就任。2005年、東北大学より博士(文学)。

人物編集

指導健康心理士、臨床心理士などの資格を持つ。

著書編集

  • 『死にゆく患者への援助 岡堂哲雄(編) 患者の心理とケアの指針』 金子書房 1997年
  • 『医療・看護の心理学――病者と家族の心理とケア』 川島書店 1999年
  • 『つながりあう「いのち」の心理臨床 患者と家族の理解とケアのために』 新曜社 2009年

共著編集


所属学会編集

関連項目・人物編集