木村 蓮太朗(きむら れんたろう、1997年6月12日[1] - )は、日本のプロボクサー静岡県田方郡出身。駿河男児ボクシングジム所属。

木村 蓮太朗
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1997-06-12) 1997年6月12日(24歳)
出身地 静岡県田方郡函南町
スタイル 左ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 4
勝ち 4
KO勝ち 3
テンプレートを表示

人物編集

従兄の木村天汰郎プロボクサー[2]。最初は極真空手をやっていたが、飛龍高校からボクシングを始める[3]

飛龍高校卒業後、東洋大学に進学[4][5]

第72回関東大学ボクシングリーグで東洋大学主将の年には東洋大学初の関東リーグ優勝、大学王座優勝し自身は関東リーグの最優秀選手賞に選ばれた。

来歴編集

2016年全日本選手権を制して、敢闘賞を受賞した[6]

そして2019年東洋大学ボクシング部主将に就任した[7]

2020年3月5日、所属ジムでプロ転向を発表した[8]

2020年3月7日、三迫ジムでB級プロテストを受験した。実技試験は日本フェザー級王者の佐川遼を相手に行った[9]

2020年7月22日、後楽園ホールで東祐也を相手にプロデビュー戦を行い、2回1分23秒TKO勝ちを収めた[10]

2020年9月27日、ふじさんめっせ産業交流展示場で岩屋卓史と対戦し、5回2分31秒TKO勝ちを収めた。

2020年12月10日、後楽園ホールでサンダー照屋と対戦し、4回2分10秒TKO勝ちを収めた[11]

2021年6月10日、後楽園ホールで福永輝と対戦。KOは逃したが、6回3-0(60-54×3)で判定勝ちを収めた[12]

獲得タイトル編集

アマチュア

戦績編集

  • アマチュア - 88戦72勝(26KO)16敗
  • プロ - 4戦4勝(3KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2020年7月22日 勝利 2R 1:23 TKO 東祐也(畠山)   日本 プロデビュー戦
2 2020年9月27日 勝利 5R 2:31 TKO 岩屋卓史(寝屋川石田   日本
3 2020年12月10日 勝利 4R 2:10 TKO サンダー照屋(平仲BS)   日本
4 2021年6月10日 勝利 6R 判定3-0 福永輝(沖縄WR)   日本
5 2021年9月5日 - - - 齊藤陽二(角海老宝石   日本
テンプレート

脚注編集

  1. ^ 特集6日目・昨年王者の強さの秘密は気持ちの強さ!!~木村蓮太朗選手~ スポトウ 2017年11月19日
  2. ^ 萌え系ボクサー・木村天汰郎、リングで燃える「ファイトマネー全部投資」“美少女”にタイトルささぐ スポーツ報知 2019年4月18日
  3. ^ 全日本チャンピオンに聞く・木村蓮太朗(東洋大) 産経ニュース 2017年5月19日
  4. ^ 木村連覇ならず 冨田も決勝惜敗 福井国体・ボクシング成年男子 静岡新聞 2018年10月9日
  5. ^ 日大、東洋大との全勝対決を制す 関東大学リーグ戦第3週結果 ボクシング ZAKZAK 2019年6月11日
  6. ^ 高橋諒3連覇達成 MVPは田中亮 アマ全日本選手権 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月20日
  7. ^ 木村蓮太朗(東洋大学4年)の昨日の試合結果 駿河男児のブログ 2019年5月12日
  8. ^ アマ3冠の木村蓮太朗 静岡のジムからプロ転向 「10戦以内に世界を獲りたい」 Boxing News(ボクシングニュース)2020年3月6日
  9. ^ アマ3冠の木村蓮太朗 B級プロテスト合格 日本王者と堂々のスパーリング披露 Boxing News(ボクシングニュース)2020年3月7日
  10. ^ アマ3冠の木村蓮太朗 デビュー戦2回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2020年7月22日
  11. ^ 負傷ドローでV1 無念の近藤明広 日本2階級制覇ならず
  12. ^ 鈴木雅弘が6戦目で日本S・ライト級王者 永田大士に10回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2021年6月10日

関連項目編集

外部リンク編集