木津川 昭夫(きつかわ あきお、1929年(昭和4年)10月28日- 2012年(平成24年)5月22日[1])は、日本詩人

北海道滝川市生まれ。旧制滝川中学校(現北海道滝川高等学校)卒業。戦後から詩作を始め、新十津川町同人誌「道標」を経て、更科源蔵主宰の札幌市の詩誌「野性」に参加。「文芸首都」にも参加した。上京後、1973年に「ホルン」、1977年「曠野」を創刊。同人に狩野敏也矢口以文など。

「火牛」「青い花」「日本未来派」同人。2001年から2002年にかけて、日本現代詩人会会長をつとめた。

受賞・候補歴編集

著作編集

  • 「幻想的自画像」 潮流社、1971
  • 「雪の痛み」 ホルン社、1975
  • 「夢の構造」 昭森社、1979
  • 「鳥たちの祭り」 晴文社、1980
  • 「木津川昭夫詩集」 芸風書院、1982
  • 「氷見」 荒地出版社、1984
  • 「凩と鳥語の男」 砂子屋書房、1989
  • 「迷路の闇」 砂子屋書房、1996
  • 「竹の異界」 砂子屋書房、1998
  • 「セントエルモの火」 土曜美術社、1999
  • 「新編 木津川昭夫詩集」 土曜美術社(日本現代詩文庫28)、1999
  • 「掌の上の小さい国」 思潮社、2002
  • 「生と変容 詩論・エッセー集1」 土曜美術社、2003
  • 「禁猟区」 土曜美術社、2003
  • 「詩と遊行 詩論・エッセー集2」 土曜美術社、2005

参考文献編集

  • 北海道文学館編「北海道文学百景」共同文化社、1987

脚注編集

  1. ^ “訃報:木津川昭夫さん82歳=詩人”. 毎日新聞. (2012年5月28日). http://mainichi.jp/select/news/20120528k0000e060169000c.html 2012年5月28日閲覧。 

外部リンク編集