メインメニューを開く

木瀬村(きせむら)は群馬県の中部、勢多郡に属していた。現在の前橋市は市内の地区名に旧町村名を使っているが、永明地区は唯一、旧町村名でない。これは、1955年(昭和30年)の合併で永明小学校区の地区のみが前橋市へ編入したことに由来する。この際、下大島地区は、編入はしないが学区は引き続き永明小学校区としてほしい旨を要望した。

木瀬村
廃止日 1957年2月20日
廃止理由 新設合併
木瀬村荒砥村城南村
現在の自治体 前橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
勢多郡
面積 11.67km2.
総人口 9,676
(1955年)
隣接自治体 前橋市伊勢崎市
勢多郡 荒砥村
佐波郡上陽村
木瀬村役場
所在地 群馬県
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

  • 河川:広瀬川、桃ノ木川、荒砥川、韮川

歴史編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、天川大島村、上大島村、女屋村、上長磯村、東上野村、野中村、下長磯村、小島田村、小屋原村、下大島村、笂井村、上増田村、下増田村、駒形新田が合併南勢多郡木瀬村が成立する。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 南勢多郡と東群馬郡が統合し勢多郡となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 村の一部(天川大島、上大島、女屋、上長磯、東上野、野中)が前橋市へ編入される。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 城南村の一部(駒形、東駒形)が前橋市へ編入される。
  • 1967年(昭和42年)5月1日 - 城南村が前橋市へ編入される。

地域編集

村内の大字編集

教育編集

中学校編集

小学校編集

交通編集

関連項目編集