メインメニューを開く
 
木造俊康
時代 室町時代前期
生誕 不詳
死没 応永28年4月26日1421年5月27日
改名 俊泰→俊康、宗誓(法名)?
別名 油小路殿
官位 正二位権大納言
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 村上源氏中院流北畠庶流、木造家
父母 父:木造顕俊、養父:北畠顕泰
兄弟 俊通俊康坂内雅俊、森本俊氏
持康、康玄、西川房任
テンプレートを表示

木造 俊康(こづくり としやす)は、室町時代前期の公卿南朝伊勢国司北畠顕能の孫で、木造顕俊の二男。叔父顕泰養子として在京出仕したが、反幕行動をとる満雅とは袂を分ち、帰家して木造家を継いだ。初名は俊泰

生涯編集

南北朝合一後程なく伊勢国司北畠顕泰養子として在京出仕し、応永2年(1395年叙爵されて侍従に任じられたという。

同10年(1403年)8月参議左近衛中将に任じられて公卿に列し、同11年(1404年)3月土佐権守を兼ねる。

同12年(1405年)1月従三位、3月権中納言に叙任され、さらに同14年(1407年)1月正三位、同18年(1411年)1月従二位と順調に累進した。

同21年(1414年将軍足利義持によって木造庄一円知行が本家の北畠家の本流である久我家に安堵された際、その権益を放棄する旨の避状を提出しているから[1]、これより前に木造家を相続したとみられる。

同22年(1415年)春、伊勢で挙兵した国司北畠満雅により居城坂内城が攻略されると、土岐持益仁木満長幕府軍に与して伊勢に進攻し、木造城雅俊を敗走させたので、これに替わって入城し、以後は木造城を居城とした[2]

同23年(1416年)11月権大納言に任じられ、同24年(1417年)1月正二位に叙されたが、同27年(1420年)3月に辞職して出家[3]

翌応永28年(1421年)春より京都で流行した疫病に罹患し、4月26日薨去した[4]

脚注編集

  1. ^ 久我家文書』応永21年10月5日付木造俊泰避状
  2. ^ 桜雲記』・『南方紀伝
  3. ^ 『木造家略系図』(木造家蔵)は法名宗誓とする。
  4. ^ 看聞日記』同日条。ただし、『木造家略系図』は応永32年1月17日1425年2月5日)没、享年47とする。

参考文献編集

  • 岡田文雄 『久居市史 上巻』 久居市役所総務課、1972年、NCID BN04034746
  • 中野達平 「室町前期における北畠氏の動向」(『国史学』第106号 国史学会、1978年10月、NCID AN00089431
  • 伊藤裕偉 「中世後期木造の動向と構造 ―北畠氏領域における支城形態の一事例―」(『Mie history』Vol.7 三重歴史文化研究会、1994年11月、NCID AN10399333
  • 中野達平 「久我家領伊勢国木造荘と北畠家について」(『國學院雜誌』第97巻第12号 國學院大學出版部、1996年12月、NCID AN00087221

関連項目編集


先代:
木造顕俊
木造家
第2代
次代:
木造持康