本会議(ほんかいぎ)とは、議会において、所属議員全員によって構成される会議

本会議場で全議員が参加する会議には他に全院委員会英語版があるが、これは形式上あくまで委員会のひとつであり、本会議とは区別される。

日本の国会編集

日本国会の本会議は衆議院参議院個別に開かれる。公開が原則であるが、総議員の3分の2以上の賛成があれば秘密会にすることが可能。定足数は総議員の3分の1。衆議院では重要法案の趣旨説明や法案採決など様々な案件について、院としての最終的な意思決定をする場。

議員の議席の指定は議長の権限である。衆議院では、議長から見て右側に与党、左側に野党が座り、与党内と野党内において議席数が多い会派が議長から見て右側に座る。参議院では、議席の中央を大会派が占め、その左右に小会派が位置する。当選回数が少ない議員が前列に座り、当選回数が多い議員ほど後列に座る。

本会議の定例日は、衆議院では火曜日木曜日金曜日であり原則として13時から開かれる。参議院では月曜日水曜日、金曜日であり原則として10時から開かれる。ただし、議事がなければ定例日であっても開かれないし、逆に定例日でなくても必要に応じて開かれる場合がある。

帝国議会では、本会議の他に各院の全議員が委員となる全院委員会が本会議場で開かれたが、日本国憲法下の国会には全院委員会はない。