メインメニューを開く

本多 忠知(ほんだ ただとも)は、陸奥泉藩の第4代藩主。

 
本多忠知
時代 江戸時代後期
生誕 天明7年(1787年)9月
死没 天保10年3月14日1839年4月27日
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下河内守弾正少弼
陸奥国泉藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠誠、母:板倉勝暁の娘
兄弟 忠知深溝松平忠衛遠山景祚
忠慎安藤忠隆荒木忠寛
忠弟忠久秋田貞行
正室:榊原政敦の娘
忠徳(三男)、忠紀(四男)、
娘(酒井忠良正室のち京極高行正室)
娘(大久保忠邦正室)、娘(井上正員正室)
娘(岡田善宝正室)、娘(仙石久祇正室)
娘(石川総詮正室)娘(小出英照室)
娘(遠山景明室)

天明7年(1787年)9月、第3代藩主本多忠誠の長男として生まれる。文化12年(1815年)7月5日、父の隠居により家督を継いだ。天保7年(1836年)11月5日、三男の忠徳に家督を譲って隠居した。天保10年(1839年)3月14日に死去。享年53。