酒井忠良 (伊勢崎藩主)

酒井 忠良(さかい ただかた)は、江戸時代大名上野伊勢崎藩の第6代藩主。雅楽頭系酒井家支流6代。

 
酒井忠良
時代 江戸時代後期
生誕 文化5年9月3日1808年10月22日
死没 天保5年10月21日1834年11月21日
墓所 群馬県前橋市紅雲町龍海院
官位 従五位下、伊賀
幕府 江戸幕府
上野国伊勢崎藩6代藩主
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠寧、母:牧野宣成の娘
兄弟 忠良忠恒
正室:本多忠知の娘佐多、益
継室:森忠賛の娘宮
養子:忠恒

文化5年(1808年)に第5代藩主・酒井忠寧の長男として生まれる。文化14年(1817年)に父が死去したため家督を相続する。天保2年(1831年)に弟の忠恒に家督を譲って隠居し、天保5年(1834年)に27歳で死去した。