メインメニューを開く

本多 政武(ほんだ まさたけ)は、大和国高取藩の第2代藩主。

 
本多 政武
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 寛永14年7月13日1637年9月1日
別名 左京亮、大学(通称)、利家(別名)
戒名 雲竜院殿前拾遺因州大守空休道一居士
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
大和国高取藩
氏族 尾張本多氏
父母 父:本多俊政、母:猶原左衛門尉の娘
正室:板倉重宗の娘
娘(九鬼良隆正室)、娘(内藤信充室)

慶長3年(1598年)、初代藩主・俊政の長男として生まれる。慶長15年(1610年)、父の死去により家督を継ぐ。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では徳川方に与し、翌年の夏の陣では道明寺口の戦いで武功を挙げた。囲碁の名人でもあり、慶長15年(1610年)には囲碁本因坊戦で勝利している。また、大坂城修築工事や高野山大塔造営奉行などで活躍した。寛永9年(1632年)には徳川秀忠の遺物である銀300枚を拝領している。

寛永14年(1637年)7月13日に死去した。享年40。嗣子がなかったため、高取藩本多氏は無嗣改易となった。