メインメニューを開く

本島百合子

日本の婦人運動家、政治家

本島 百合子(もとじま[1][2] / もとしま[3] ゆりこ、1907年(明治40年)8月3日[1][3] - 1972年(昭和47年)5月21日[1][2])は、日本の婦人運動家、政治家衆議院議員

経歴編集

福岡県遠賀郡八幡町[3]八幡市を経て現北九州市)で、本島礼三郎の四女として生まれる[4]

1929年、日本大学高等師範部地歴科を卒業した[2][3]。在学中から無産運動に加わった[3]。卒業後、萬朝報記者、婦人毎日新聞記者を務め、婦人解放運動を行った[1][3]

1945年、日本社会党の結党に加わり[1][3]、1946年、同党婦人部に勤務し同副部長を務めた[3][4]。1947年5月、東京都議会議員に当選[4]。以後、都議を3期務めた[5]。1958年5月の第28回衆議院議員総選挙に日本社会党所属で東京都第3区から出馬して当選[1][2][3]。その後、第31回総選挙まで連続して当選し、衆議院議員を4期務めた[1][2][3]。この間、1960年、民主社会党(民社党)に移り、民主社会党生活対策本部長、民社党婦人部長などを務めた[1][2][3][5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本人名大辞典』219頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』646頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『日本女性人名辞典〔普及版〕』1044頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第15版 下、モ3頁。
  5. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』620頁。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録』第15版 下、1948年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本女性人名辞典〔普及版〕』日本図書センター、1998年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。