メインメニューを開く

本部御殿(もとぶうどぅん)は、尚質王の六男・尚弘信、本部王子朝平(1655年6月22日(順治12年5月19日) - 1687年10月3日(康煕26年8月27日))を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で、代々本部間切(現・本部町)の按司地頭をつとめた琉球王国大名

本部御殿
家紋
丸に左三つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 本部王子朝平
種別 琉球王族
出身地 琉球王国・首里
主な根拠地 琉球王国・首里
著名な人物 本部按司朝救本部朝勇本部朝基
支流、分家 向氏松嶋殿内、向氏安勢理殿内、向氏本永家
凡例 / Category:日本の氏族

一世朝平は11歳で伊野波間切(のち本部間切に改称)を賜り、その後代々これを継承したため本部御殿と称するようになった。五世朝救は琉球屈指の歌人として名高い。八世朝章(尚景保)は、琉仏修好条約締結時の総理官(全権大使)をつとめた。

廃藩置県後は、十世本部朝勇は琉球古武術・本部御殿手の継承者として知られ、その弟本部朝基は「最強空手家」と呼ばれるほどの無敗の空手家で、沖縄中にその武名を轟かした。本部御殿は、武術と芸術の名門として活躍した。

目次

系譜編集

  • 一世・尚弘信・本部王子朝平
  • 二世・向履泰・本部按司朝完
  • 三世・本部按司朝智
  • 三世・尚文思・本部王子朝隆(初位は按司、後に王子位に昇る)
  • 四世・向延弼・本部按司朝恒
  • 五世・向国珍・本部按司朝救
  • 六世・尚大猷・本部王子朝英(初位は按司、後に王子位に昇る)
  • 七世・伊野波按司朝徳
  • 八世・尚景保・本部按司朝章
  • 九世・本部按司朝真
  • 十世・本部朝勇
  • (十世)・本部朝基(朝真三男)

参考文献編集

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集

外部リンク編集