メインメニューを開く

札幌軟石(さっぽろなんせき)とは、北海道札幌市南区で産出する凝灰岩石材。単に軟石と呼ぶこともある。明治時代から昭和初期にかけて札幌市、小樽市周辺の建物の建設資材として用いられた。

目次

概要編集

約4万年前に支笏カルデラ支笏湖を形成した火山活動)で発生した大規模な火砕流が冷え固まってできた溶結凝灰岩である[1]。この噴火による噴出物は周辺を広く覆いつくし、北は現在の札幌市南区にまで達した。札幌軟石は、この火砕流の噴出物が固結したものである。1871年(明治4年)、札幌を訪れたお雇い外国人のA・G・ワーフィールド、トーマス・アンチセルが札幌南部の穴の沢(現在の札幌市南区石山地区)で発見した。大谷石よりキメが細かく適当な硬度を有していること、柔らかいため切り出しが容易であること、軽く保温性が良いことから、開拓使が利用を奨励[1]。開拓時代の主要建造物の資材として広く使われるようになった。札幌建築観賞会、札幌軟石文化を語る会による調査(2005~2010年)では札幌軟石を使った建物が札幌市内で約300棟確認されている[1]

昭和30年代以降、コンクリートブロックなどの普及により利用は激減、2019年時点では切り出している業者は常盤地区に採石場を持つ1社のみである[1]。建材としての利用は減ったものの、採石場後がアート空間などとして利用できる「石山緑地」として1996年に整備されたり、札幌軟石を使った雑貨(後述)やパン焼き窯が製作されたりするなど、新たな活用法が見出されている[1]

2015年(平成27年)から軟石の端材を活用した雑貨をつくる店ができ、千歳空港などで土産品として販売されている。

札幌軟石を用いた主な建築物編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 【新北海道遺産を訪ねて】札幌軟石/市民の力 石文化未来へ『読売新聞』朝刊2019年8月6日(北海道版)。

関連項目編集

外部リンク編集