石材(せきざい)は、土木建築用、墓石石碑美術工芸品などの材料として利用される天然の岩石。色、模様、質感、耐久性などによって、用途に応じた岩石が用いられる。大理石御影石花崗岩)などに分類されるが、岩石学的な分類とは異なる。

イタリアのカッラーラにある大理石採石場
イギリス、テインマスで積み下ろしされている花崗岩規格石材

主な石材編集

大理石編集

主に内装向け。結晶質石灰岩(狭義の“大理石”)や石灰岩だけでなく、トラバーチンドロマイト蛇紋岩などもそう呼ばれる場合がある。国会議事堂には、内装に35種類の国産大理石(2種類の蛇紋岩を含む)が使われている。

御影石(花崗岩)編集

主に外装向け。花崗岩や他の深成岩閃緑岩ハンレイ岩など)だけでなく、片麻岩などの変成岩類も含まれる。国産石材としては、本御影石(兵庫県)、稲田石(茨城県)、岡崎石(愛知県)、万成石(岡山県)、北木石(岡山県)、議院石(広島県)、徳山石(山口県)、庵治石(香川県)、大島石(香川県)羽黒青糠目磐梯みかげ(宮城県)恵那錆石などがある。

その他の石材編集

石材の利用について編集

建築、土木、墓碑、彫刻などに用いられる。

置き場
石材の置き場所を石場という。江戸時代の石場は、古石場という地名になっている[2]
再利用
調達、運搬に困難が伴う石材には、さまざまな工夫が見られた。日本の石垣には、石の産地、関わった大名石工を示す刻印を施し、管理体制が敷かれた[3]。墓石・古墳などの遺跡からの転用石も見られる。
中国では、万里の長城の石やレンガが持ち去られ近隣住民の建築資材として利用された[4][5]。南米では、コンキスタドールが侵略した後、宮殿や神殿の石は、キリスト教の教会などを建築する資材となった[6]。フランスなどで廃城となった場合にも、近隣住民が転用した例がみられる。
エジプトでは、アメンエムハト1世のピラミッド英語版の石材が、クフカフラーウナスペピ2世(もしくはペピ1世)のピラミッドに再利用されている[7][8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊豆石は、全国にも希な広域流通石材として知られており、江戸城や駿府城の石垣や東京の近代建築の建材に多く使われていた。熱海市教育委員会著(2009年)「熱海市内伊豆石丁場遺跡確認調査報告書」2頁
  2. ^ 江東区の地名由来 江東区
  3. ^ 石垣刻印と刻印広場”. www.osakacastle.net. 2022年3月5日閲覧。
  4. ^ 日経ビジネス電子版. “「万里の長城」の修復は、なぜ“お粗末”なのか” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2022年3月5日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “万里の長城、3割消失 600円でれんが販売も” (日本語). 産経フォト. 2022年3月5日閲覧。
  6. ^ 16世紀に新大陸で虐殺を行なったスペインが、当時もっとも「啓蒙的、人道的」だった[橘玲の世界投資見聞録]” (日本語). 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方. 2022年3月5日閲覧。
  7. ^ Hans Goedicke, Re-used blocks from the pyramid of Amenemhet I at Lisht. The Metropolitan Museum of Art, NY, 1971
  8. ^ “Pyramid of Amenemhet I at el-Lisht” (英語). Egyptian Monuments. (2009年2月26日). http://egyptsites.wordpress.com/2009/02/26/pyramid-of-amenemhet-i-at-el-lisht/ 2018年2月26日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集