メインメニューを開く

石材(せきざい)は、土木建築用、墓石石碑美術工芸品などの材料として利用される天然の岩石。色、模様、質感、耐久性などによって、用途に応じた岩石が用いられる。大理石と御影石(花崗岩)などに分類されるが、岩石学的な分類とは異なる。

目次

主な石材編集

大理石編集

主に内装向け。結晶質石灰岩(狭義の“大理石”)や石灰岩だけでなく、トラバーチン、ドロマイト、蛇紋岩なども含まれる。国会議事堂には、37種類の国産大理石が使われている。

御影石(花崗岩)編集

主に外装向け。花崗岩や他の深成岩(閃緑岩やハンレイ岩など)だけでなく、片麻岩などの変成岩類も含まれる。国産石材としては、本御影石(兵庫県)、稲田石(茨城県)、岡崎石(愛知県)、万成石(岡山県)、北木石(岡山県)、議院石(広島県)、徳山石(山口県)、大島石(香川県)などがある。

その他の石材編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集