メインメニューを開く

札幌市資料館(さっぽろししりょうかん)は、北海道札幌市中央区にある、札幌市の資料館。札幌市の歴史と文化について、様々な物が展示・紹介されている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 札幌市資料館
SapporoShiShiryokan201109.JPG
外観(2011年9月)
札幌市資料館の位置(札幌市内)
札幌市資料館
札幌市内の位置
施設情報
事業主体 札幌市
管理運営 NTT北海道グループ共同事業体(指定管理者[1]
開館 1973年
所在地 060-0042
北海道札幌市中央区大通西13丁目
位置 北緯43度3分30.7秒 東経141度20分14.9秒 / 北緯43.058528度 東経141.337472度 / 43.058528; 141.337472座標: 北緯43度3分30.7秒 東経141度20分14.9秒 / 北緯43.058528度 東経141.337472度 / 43.058528; 141.337472
外部リンク 札幌市資料館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

 
刑事法廷の展示

1973年(昭和48年)11月3日に開館した[2]

建物は札幌控訴院庁舎として司法省会計課の設計により1926年(大正15年)8月に建てられたもので[3]、1997年(平成9年)に国の登録有形文化財に北海道内で初めて指定された[4]

2006年(平成18年)8月1日より民間の指定管理者が管理、運営を行っている。

裁判所の移転を受けてその建物を利用して開館した。大通公園の西に隣接し、東端のさっぽろテレビ塔に対し、東西に長い公園の西を締めくくる位置にある。

「北海道文学館」の移転を受けて1995年(平成7年)9月28日に新装開館し[5]、市民向けのギャラリー6室と[5]札幌出身の漫画家の「おおば比呂司記念室」が開設されている[6]

「札幌市文化資料室」の移転後に内部が大幅に改装され[7]、2006年(平成18年)11月3日に大正時代の控訴院の法廷が復元されて公開された[8]

かつてあった展示編集

1979年(昭和54年)3月8日には建物の半分の貸与を受けて「北海道文学館」が開設され[9]、その事務局も設置された[10]。1984年(昭和59年)11月3日に札幌出身の作家の「船山馨記念室」が新たに開設され[11]、さらに1985年(昭和60年)4月には札幌市にゆかりのある作家の資料を集めて「札幌文学展示室」が開設される[12]など、文学関連の資料・展示がかつては豊富であった。

1994年(平成6年)11月に竣工した北海道立文学館が1995年(平成7年)9月22日に開館することに伴い、「北海道文学館」は移転した[13]。「船山馨記念室」・「札幌文学展示室」は、北海道立文学館の開館後も存続したが、1997年(平成9年)4月の一部リニューアルに伴い廃止となった[14]

1977年(昭和52年)11月3日に「札幌市考古資料室」が開設されたが[15]2006年(平成18年)4月には「札幌市文化資料室(現・札幌市公文書館)」として旧豊水小学校跡へ拡張する形で移転している[16]

建物編集

 
控訴院時代の写真

現在札幌市資料館がある建物は、函館から移転して設けられた札幌控訴院のために、1924年(大正13年)に建築が始まり、2年後に完成した。 途中、財政難と関東大震災によって規模を縮小する設計変更を余儀なくされた。

下部構造は鉄筋コンクリートで、上に煉瓦を積み、外壁に札幌軟石を用いている。札幌控訴院が戦後に札幌高等裁判所になっても用いられた。

札幌軟石は、戦前には主に装飾用に盛んに用いられたが、戦後には石資源の枯渇もあって、採石はほとんどされなくなった。 札幌軟石の建築物は、建て替えとともに消えていき、今では数えるほどしか残っていない[17]。 札幌市資料館の建物は、1997年5月に国の登録有形文化財に登録された。

1987年(昭和62年)5月から夜間にライトアップされている[18]

脚注編集

  1. ^ 指定管理者による管理運営が行われている施設
  2. ^ 『北海道 文学散歩 2 道央編』 立風書房、1982年10月。ISBN 978-4651501529
  3. ^ 札幌市教育委員会 『新札幌市史 第3巻通史3』 北海道新聞社、1994年5月。
  4. ^ “道内初 登録文化財に2件 札幌市資料館、函館・五島軒本店旧館 保護審 文相に答申”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年2月22日)
  5. ^ a b “改修の札幌市資料館 28日に再オープン ギャラリー6室開放”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1995年9月22日)
  6. ^ “おおばさんしのび 記念室がオープン 札幌市資料館内に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1995年9月28日)
  7. ^ “全面オープン11月3日 札幌市資料館 刑事法廷を復元”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年8月22日)
  8. ^ “大正時代の法廷復元 札幌市資料館 模擬裁判など開催”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年11月4日)
  9. ^ “道文学館に待望の“城” 札幌市が助け船 資料館の半分貸与確約”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1979年3月8日)
  10. ^ “文学館・きたみなみ 2”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1988年6月16日)
  11. ^ “足跡をたどる遺品300点 船山馨記念室オープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1984年11月4日)
  12. ^ “札幌文学展示室が誕生 札幌市資料館”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1985年4月8日)
  13. ^ 札幌市教育委員会 『新札幌市史 第5巻通史5(下)』 北海道新聞社、2005年3月。
  14. ^ “札幌市資料館、一部リニューアル 歴史・裁判資料を充実”. 北海タイムス (北海タイムス社). (1997年3月21日)
  15. ^ “3日、待望のオープン”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1977年11月3日)
  16. ^ “札幌市教委文化資料室 旧豊水小に移転 広さ2.5倍 「郷土史研究に利用を」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年4月4日)
  17. ^ 札幌市教育委員会文化資料室 『さっぽろ文庫7 札幌事始2』 北海道新聞社、1979年。
  18. ^ “空にくっきり資料館 札幌4番目の夜間照明点灯”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1987年5月27日)

関連項目編集

外部リンク編集