メインメニューを開く

朱 友恭(しゅ ゆうきょう、? - 905年)は、後梁の初代皇帝となる朱全忠仮子。本姓はで、名は彦威。はじめは克譲と名乗った。寿州寿春県(現在の安徽省淮南市寿県)の人。

軍事的才能に長けていたが、人格的に問題があった。また、朱全忠の長男の郴王朱友裕と仲が悪かった。

生涯編集

若いころから仮父に従軍して、戦功を挙げて諸軍都指揮使、建康左僕射となった。さらに汝州刺史を授かり検校司空に任じられ、都虞候に封じられた。

しかし892年、石仏山で敵対した朱瑾が敗走すると、朱友恭は氏叔琮とともに、故意に朱瑾を見逃したと朱全忠を批判した。激怒した朱全忠は朱友恭の兵権を剥奪しようとした。このとき使者が誤って朱友恭ではなく、朱友裕のもとに朱全忠の書信を渡した。これを見た朱友裕は不安になったが、これは張夫人朱友貞の生母)が手を差し伸べて、継子の郴王を懸命に助命したので解決されたが、以降、朱全忠は仮子の朱友恭を疎み始めた。

光化初年に淮南地方に反乱が起こり、鄂渚を陥落されると、朱全忠は朱友恭に数万の軍勢を与えて派遣させ、朱友恭は龍沙、九江を鎮圧して大いに名を挙げた。

さらに、黄州を攻略して付近の城を陥落させて、賊将瞿章を捕らえて数万の敵兵を捕虜とした。その帰還中の安陸を経て、突如に安州刺史武瑜を襲撃してこれを殺害して、その民を傘下に収めた。この戦功で、朱友恭は潁州刺史に累進し、検校司徒となった。

天祐初年、唐の昭宗長安から洛邑(洛陽)に遷都すると、左竜武都統に任命され、右竜武都統の氏叔琮とともに宮中を護衛した。

904年、朱全忠は昭宗の監視をその朱友恭と氏叔琮に任せ、その一方で腹心の枢密使蒋玄暉参謀李振を派遣し、朱友恭らと昭宗の暗殺の計画を練った。朱全忠は自分を誹謗した朱友恭を破滅させようと、機会を伺っていたのである。その結果、刺客の史太が昭宗を暗殺した。間もなく朱全忠は昭宗の棺の前で「陛下を害したのは仮子の友恭の仕業です。私が責任を取って、友恭と氏叔琮を誅いたします」と慟哭し、朱友恭と氏叔琮に罪を着せた。同時に長安で朱友恭の軍勢が略奪行為をしたため、朱全忠は彼らを逮捕して、投獄した。やがて友恭は仮子を解かれて、元の李彦威に戻り、崖州(海南島)の司戸として左遷すると発表され、長安で処刑された。

新五代史』が引く張廷範の言によると、朱友恭の最期の言葉は「俺を捨て駒にして、天下の誹りを回避しようとしたのだ。鬼神よ! いかんせん、このような行為をして、朱家の子孫が存続すると思うのか?」と叫んだという。同時に氏叔琮も白州(現在の広西チワン族自治区玉林市博白県)の司戸に左遷と発表され、友恭と共に処刑された。