朱句(しゅこう)は、州句・翁[1]ともいい、春秋戦国時代の君主。

朱句
王(周制における爵位は子)
王朝
在位期間 前448年 - 前411年
都城 会稽
生年 不詳
没年 前411年
不寿

越王不寿の子として生まれた[2]紀元前448年、不寿が殺害されると、朱句は後を嗣いで越王として即位した。紀元前414年を滅ぼした。紀元前413年、郯を滅ぼした。紀元前411年、朱句は在位37年で死去した[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 史記』越王句践世家は翁とする。『史記索隠』所引『竹書紀年』は朱句とする。
  2. ^ 『史記』越王句践世家
  3. ^ 『史記索隠』越王句践世家所引『竹書紀年

参考文献編集

  • 史記』越王句践世家