メインメニューを開く
本来の表記は「朱啓鈐」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 啓鈐(しゅ けいけん)は、清末民初の政治家。北京政府交通系の政治家として知られる。桂莘桂辛。号は蠖園。祖籍は貴州省紫江県徐世昌の義子。

朱啓鈐
Zhu QiQian2.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1872年11月22日
同治11年10月22日)
死去: 1964年2月26日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 河南省汝寧府信陽州
職業: 政治家
各種表記
繁体字 朱啟鈐
簡体字 朱启钤
拼音 Zhū Qǐqián
和名表記: しゅ けいけん
発音転記: ジュー チーチエン
ラテン字 Chu Ch'i-ch'ien
テンプレートを表示

事績編集

 
朱啓鈐別影

挙人となり、1903年光緒29年)3月、京師訳学館監督に就任する。1905年(光緒31年)10月、北京外城巡警総庁庁丞となる。(1907年光緒33年)に東三省蒙務局督弁に任じられた。まもなく日本へ赴き、北海道で開墾事業を視察している。1909年宣統元年)、津浦路北段総弁に就任する。

1912年民国元年)7月、北京政府陸徴祥内閣、趙秉鈞内閣において交通総長に就任した。また、趙秉鈞内閣崩壊後の翌年7月、一時は国務総理を代理した。政治的には、梁士詒が率いる交通系に属している。9月、熊希齢内閣で内務総長となり、京都市政督弁等も兼任した。1915年(民国4年)、袁世凱の皇帝即位画策を主導し、9月、大典籌備処処長に任じられている。

しかし、袁が翌年6月に死去すると、朱啓鈐は帝制推進の罪を問われて指名手配を受けることとなり、天津に逃げ込んだ。1918年(民国7年)に赦免され、同年8月、安福国会の参議院副議長に選出された。その翌年2月の南北和平交渉で北京政府側の総代表をつとめ、上海で南方政府代表の唐紹儀らと交渉した。しかし失敗に終わり、再び天津へ隠棲した。以後は実業界で活動し、山東中興煤鉱公司総経理、中国営造学社社長などをつとめている。

晩年は上海に寓居し、中華人民共和国建国後も大陸に留まった。中央文史館館員や中国人民政治協商会議全国委員もつとめている。

1966年2月26日、北京で死去。享年95(満93歳)。

参考文献編集

  • 劉紹唐主編『民国人物小伝 第1冊』伝記文学出版社、1975年。
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
劉冠雄
交通総長
1912年7月 - 1913年9月
次代:
葉恭綽
先代:
王治馨
内務総長
1913年9月 - 1916年4月
次代:
王揖唐
先代:
周自斉
交通総長(代理)
1914年2月 - 5月
次代:
梁敦彦
先代:
周自斉
交通総長
1914年2月 - 5月
次代:
梁敦彦