メインメニューを開く

杉作(すぎさく、1966年3月6日 - )は、日本漫画家新潟県新潟市旧亀田町)出身。[1]代表作の『猫なんかよんでもこない。』は2015年にテレビアニメ化され、2016年には実写映画が公開された。

杉作
生誕 (1966-03-06) 1966年3月6日(53歳)
日本の旗 日本新潟県新潟市
職業 漫画家
代表作猫なんかよんでもこない。
受賞 青木雄二賞受賞
テンプレートを表示

新潟県の工業高校を卒業後、プロボクサーを目指して上京。しかし網膜剥離により引退を余儀なくされる。引退後は花屋やアニメ制作会社等への勤務を経て、同居していた兄が結婚に伴い新潟へ帰ることをきっかけに漫画を描き始め、プロデビューした。

兄は『キック・ザ・ちゅう』(原作:なかいま強)の作画担当だった、漫画家の杉崎守

作品編集

脚注編集

  1. ^ 「猫なんかよんでもこない。その後」ISBN 978-4-408-41417-1

外部リンク編集