メインメニューを開く

杉山マルコス(すぎやま マルコス、1973年11月16日 - )は、日本の男子バレーボール選手。ブラジルサンパウロ出身。ポジションはウイングスパイカーVプレミアリーグ豊田合成トレフェルサに所属。

杉山 マルコス
Marcos Sugiyama
豊田合成トレフェルサ  No.18
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-11-16) 1973年11月16日(45歳)
出身地 ブラジルの旗 サンパウロ
ラテン文字 Marcos Sugiyama
身長 188cm
体重 90kg
血液型 B型
選手情報
所属 豊田合成トレフェルサ
愛称 カレ
ポジション WS
指高 242cm
利き手
スパイク 340cm
ブロック 320cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

父はブラジル人の元サッカー選手で、ヤンマーにて釜本邦茂のチームメイトだったカルロス・エステベス。母は日本人。

8歳でバレーを始め、12歳でブラジル国内のプロチームに所属。2000年からイタリアセリエA2トンノ・カッリポでプレーしていた時に、当時の全日本男子監督田中幹保の目に留まり[1]2002年に来日し堺ブレイザーズに入団した[2]

2003年9月、日本国籍を取得。全日本代表入りに際し2年以上日本の居住歴がないことが障壁となったが、日本バレーボール協会の働きかけにより、ブラジル代表歴がないことなどを理由に国際バレーボール連盟から特例で許可され、2004年2月に代表初選出[3][4]。3大会ぶりのオリンピック出場をかけた日本の新戦力、秘密兵器として、4月に行われた親善試合の日米対抗で全日本デビュー、アテネオリンピック世界最終予選初戦の5月22日アルジェリア戦で公式戦デビューを飾った[5]

2005年にはワールドリーグに出場。アジア選手権では10年ぶりの優勝に貢献し、MVPを獲得した。

2006年9月、サントリーサンバーズに移籍[6]。2008/09プレミアリーグにて4年ぶり2回目のサーブレシーブ賞を受賞した。

2012年8月、豊田合成トレフェルサのトライアウトに合格し、日本バレー界に復帰した[7]

球歴・受賞歴編集

  • 全日本代表 - 2004-2005年
    • ワールドリーグ - 2005年
  • 受賞歴
    • 2004年 - 第10回Vリーグ ベスト6
    • 2005年 - アジア選手権 MVP
    • 2005年 - 第11回Vリーグ サーブレシーブ賞
    • 2009年 - 2008/09Vプレミアリーグ サーブレシーブ賞

所属チーム編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 人間解析ドキュメント「ZONE」 第205回 「女子に続け 全日本男子バレーボール」”. TBS (2004年5月23日). 2007年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月23日閲覧。
  2. ^ 【バレー】バレー界の「闘莉王」杉山マルコス大和魂1勝 サンスポ”. サンケイスポーツ (2004年5月23日). 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ アテネで飛べ帰化2世=男子バレー五輪最終予選=杉山「日本助ける」”. ニッケイ新聞 (2004年5月22日). 2013年11月23日閲覧。
  4. ^ 杉山マルコス、代表OK バレーボール男子に朗報”. 47NEWS (2004年2月2日). 2013年11月23日閲覧。
  5. ^ マルコス独り舞台! 日本快勝/男子バレー”. 日刊スポーツ (2004年5月23日). 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ 新加入選手について”. サントリーサンバーズ (2006年9月9日). 2013年11月23日閲覧。
  7. ^ 外国人選手&新加入選手合流のお知らせ”. 豊田合成トレフェルサ (2012年9月25日). 2013年11月23日閲覧。

参考文献編集

  • 「V・プレミアリーグ男子名鑑 豊田合成トレフェルサ」『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2013/14【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 83頁。

外部リンク編集