メインメニューを開く

2004年アテネオリンピックのバレーボール競技・世界最終予選

アテネオリンピックバレーボール世界最終予選から転送)

2004年アテネオリンピックのバレーボール競技・世界最終予選は、アテネオリンピックに出場する国を決定するバレーボール大会。男女大会共にアジア予選を兼ねているが、その条件は男女別に異なる。

東京大会はTBSとフジテレビの共同中継で、日本の放送史上初の試みともいわれる。両局共通のイメージ・キャラクターはNEWSが務めた[1]

目次

男子大会編集

概要編集

2004年5月21日から5月23日にかけてポルトポルトガル)、5月22日から5月30日にかけて東京5月28日から5月30日にかけてマドリードスペイン)と、3か所に分けて開催された。

1回戦総あたりのリーグ戦を行い、次のようにオリンピックの出場国が決定される。

  1. 各大会の最上位チーム(世界最終予選代表)
  2. 1.を除くアジア最上位チーム(東京大会のみ、アジア代表)

予選出場国編集

ポルト大会編集

マドリード大会編集

東京大会 (会場:東京体育館編集

※はアジア予選対象チーム

試合結果編集

※勝ち点(勝敗)で並んだ場合はセット率でなく、得点率で順位を決定

ポルト大会編集

マドリード大会編集

東京大会 (会場:東京体育館編集

順位 チーム 勝点 試合数 得点 失点 得点率 得セット 失セット セット率
1   フランス 14 7 7 0 586 475 1.234 21 2 10.500
2   オーストラリア 12 7 5 2 565 510 1.108 15 9 1.667
3   中国 12 7 5 2 581 538 1.080 15 9 1.667
4   カナダ 11 7 4 3 512 485 1.056 12 10 1.200
5   イラン 11 7 4 3 567 545 1.040 13 11 1.182
6   日本 9 7 2 5 626 622 1.006 14 15 0.933
7   韓国 8 7 1 6 469 547 0.857 5 18 0.278
8   アルジェリア 7 7 0 7 341 525 0.650 0 21 0.000

女子大会編集

概要編集

2004年5月8日から5月16日にかけて東京で開催された。会場は東京体育館

1回戦総あたりのリーグ戦を行い、次のようにオリンピック出場国が決定される。

  1. 最上位チーム(世界最終予選代表)
  2. 1.を除くアジアの最上位チーム(アジア代表)
  3. 1.、2.を除く他の上位2チーム(世界最終予選代表)

予選出場国編集

※は、アジア予選対象チーム。

試合結果編集

順位 チーム 勝点 試合数 得点 失点 得点率 得セット 失セット セット率
1   日本 13 7 6 1 565 445 1.270 18 6 3.000
2   韓国 13 7 6 1 576 493 1.168 18 8 2.250
3   ロシア 12 7 5 2 576 432 1.333 19 6 3.167
4   イタリア 12 7 5 2 606 477 1.270 19 8 2.375
5   タイ 10 7 3 4 422 488 0.865 10 12 0.833
6   プエルトリコ 9 7 2 5 437 516 0.847 6 16 0.375
7   チャイニーズタイペイ 8 7 1 6 454 559 0.812 5 18 0.278
8   ナイジェリア 7 7 0 7 299 525 0.570 0 21 0.000

アテネ五輪出場国編集

出場の最終決定は以下のとおりです。

男子編集

女子編集

脚注編集

  1. ^ スペシャルサポーターにNEWS
  2. ^ a b サンスポ
  3. ^   エジプトの出場辞退によるもの。  チャイニーズタイペイも辞退した[2]
  4. ^   アルゼンチンの出場辞退によるもの[2]

外部リンク編集

関連項目編集