杉本 達夫(すぎもと たつお、1937年(昭和12年)1月17日 - )は、日本の中国文学者早稲田大学名誉教授

人物編集

京都府与謝郡生まれ。1959年大阪外国語大学中国語科卒。1962年東京都立大学 (1949-2011)大学院博士課程中退、同助手、1971年早大文学部専任講師、1975年助教授、1980年教授、1992-1994年第二文学部長。2006年退任、名誉教授。老舎を中心に近現代中国文学を翻訳紹介した。夫人は須田禎一の長女真理子。

著書編集

  • 『日中戦期老舎と文藝界統一戦線 大後方の政治の渦の中の非政治』東方書店、2004
  • 『句集上海 随想大陸の追憶』同学社、2006
  • 句文集『野路ゆるやかに』好文出版、2014

共編編集

  • 『デイリーコンサイス中日辞典』牧田英二古屋昭弘共編 三省堂、1998
  • 『デイリーコンサイス中日・日中辞典』牧田英二、古屋昭弘共編 三省堂、1999
  • 『デイリーコンサイス日中辞典』牧田英二、古屋昭弘共編 三省堂、2005
  • 『クラウン日中辞典』牧田英二共編 三省堂、2010

翻訳編集

参考編集