メインメニューを開く

中村 愿(なかむら すなお、1947年(昭和22年) - )は、日本の中国研究者岡倉天心研究家。

目次

来歴編集

福岡県京都郡豊津町(現・みやこ町)生まれ。小倉工業高校化学科卒業。雑誌『中国』(徳間書店)の編集にたずさわり、1989年神保町に中国美術の店蘭花堂を開く。

著書編集

  • 『三国志曹操伝』 新人物往来社、1986
  • 『中国故景』安野光雅絵 岩崎美術社、1987、双書美術の泉
  • 『中国の旅広州・海南島・桂林』 昭文社、1987、エアリアガイド
  • 『中国の旅西安 宝鶏・漢中・延安』 昭文社、1988、エアリアガイド
  • 『中国の旅』 昭文社、1989、エアリアガイド
  • 『美の復権 岡倉覚三伝』 邑心文庫、1999
  • 『三國志逍遥』 安野光雅画、山川出版社、2010
  • 狩野芳崖受胎観音への軌跡』 山川出版社、2013

共編著編集

翻訳・校注編集

  • 『中国の古典文学 水滸伝』杉本達夫共訳、さ・え・ら書房、1976-77
  • 『三国志 1 転形期の軌跡』丸山松幸共訳、徳間書店、1979
  • 岡倉一雄『岡倉天心をめぐる人びと』校注、中央公論美術出版、1998、五浦美術叢書
  • 魯迅の言葉』監訳、平凡社、2011 

参考編集

  • 『三国志曹操伝』著者紹介 

外部リンク編集