李 園(り えん、生没年不詳)は、中国戦国時代の人で、春申君食客。後に楚王家の外戚となり甥の幽王の時代に楚の朝政を牛耳った。

経歴編集

李園は妹の李環を春申君を通して楚の考烈王に献じた。当時嗣子のなかった考烈王の元で李環は男児を産み[1]、李園はそれを背景に春申君と同様、楚の政治に大きく関わるようになった。

紀元前238年に考烈王が亡くなると、李園の甥が幽王として即位し、李園は春申君を殺害して宰相となり幼い幽王の代わりに楚の朝政を牛耳った。

幽王は在位10年目(紀元前228年)に亡くなり、同母弟の公子猶が哀王として即位したものの、2ヶ月ほどで哀王の庶兄[2]負芻を擁する者ら[3]に殺害され、その際に妹の李太后(李環)共々殺害され、李園の一族は全滅した。

逸話編集

の辛梧と言う人物がに派遣され、遊説して連衡を組み秦魏で楚を攻撃しようと謀った。秦魏の連合軍が楚に攻め入ろうとする直前、李園はこれを避けるため辛梧に対して近年、秦の井忌と言う将軍が趙と連衡してを攻めた際に燕の2城を取った後、燕の蔡烏と言う人物が秦の文信侯(呂不韋)に燕の10城を差し出す事で文信侯を変心させて秦軍を燕から趙に攻め入らせ、結果として井忌は燕を攻めた責を取らされ処刑された事を持ち出し説得し、秦魏連合軍の楚侵攻を回避したと言う。

脚注編集

  1. ^ 史記』 楚世家では考烈王の子とされるが、同じ『史記』春申君列伝では春申君の子とも
  2. ^ 列女伝』では叔父とする。
  3. ^ 中文版によると李園の食客とも。

参考文献編集

  • 司馬遷 史記 楚世家・春申君列伝
  • 大西 克也、大櫛 敦弘 戦国縦横家書 25 李園謂辛梧章