李 懐仙(り かいせん、? - 768年)は、中国節度使河朔三鎮の一つであった盧龍軍を率いた。柳城(現在の遼寧省朝陽市朝陽県一帯)の胡人

略歴編集

代々契丹に仕えて営州を守っていたという[1]。騎射が得意で智謀に優れ、機敏であったとも言われている[2]。李の姓は皇帝粛宗から唐室の姓を与えられたものである[3]

安史の乱の際には安禄山の裨将軍となり、河洛を陥れている。その後、安慶緒史思明史朝義に仕え、「燕京留守范陽尹」を授けられている[1]

代宗宝応元年(762年)、史朝義軍が唐の官軍に降服すると、翌年李懐仙は史朝義を斬首して唐に帰順する[2]。この時、当時私党をたてようとしていた僕固懐恩によって推挙され、「幽州大都督府長史・検校侍中・幽州盧龍等軍節度使」を授けられたが、朝命に服することなく薛嵩・田承嗣李宝臣らとともに河朔の地を分割統治した[1]。僕固懐恩の謀叛により、西蕃の入寇があった際には朝廷の事故が多くなり、懐仙はこれに乗じてほかの3将とともに散亡を招集し、城邑甲兵をおさめ、部下数万人を擁立し、文武将史を思いのままにして署置(人を官職におくこと)し、貢賦を私物化し、朝廷の藩臣を称しつつ、実際は独立し、幽州・涿州・営州・平州薊州檀州嬀州などの諸州を領有した。

しかし、大暦3年(768年)、その麾下にある兵馬使の朱希彩朱泚朱滔によって家族もろともみな殺しにされた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『アジア歴史事典9』p184
  2. ^ a b c 『縮刷東洋歴史大辞典』下巻p908
  3. ^ 『中国の歴史 第4巻隋唐帝国』p319

伝記史料編集

  • 旧唐書』巻143 列伝第九十三 李懐仙
  • 新唐書』巻212 列伝第一百三十七 李懐仙

参考文献編集

  • 『縮刷東洋歴史大辞典』下巻(臨川書店)p908、1986年(平凡社、1938年の復刻版)
  • 松永雅生『李懐仙」(『アジア歴史事典 9』p184、(平凡社、1960年))
  • 『中国の歴史 第4巻隋唐帝国』布目潮渢栗原益男著、講談社、1974年