メインメニューを開く

河朔三鎮(かさくさんちん)は、中国晩唐期に国内各地の節度使藩鎮として割拠した状況下において、河朔地区(現在の河北省を中心とする地域)の三つの藩鎮、すなわち幽州(盧龍軍。現在の北京及び長城付近)、鎮冀(恒陽軍、成徳軍。幽州以南と山西に接する地域)、魏博(天雄軍。渤海湾から黄河以北)を指す。

安史の乱後、代宗安禄山の旧臣であった李懐仙を幽州に、田承嗣を魏博に、張忠志(後に李宝臣)を成徳に封じた。その後河朔三鎮は次第に地方勢力として独立し、唐王朝の勢力が及ばなくなった。三鎮は「河朔の旧事」と称してその主帥は代々唐王朝の任命によらずに世襲や部下による擁立によって就任し、勝手に領内の文武百官を任命して租税上供を拒んだ。これによって藩鎮の弊害の嚆矢ともいえる存在になるとともに北方地区の政情不安の原因となった。これに対して徳宗は制圧策を用いるが、三鎮側は黄河以南の河南二鎮(平盧節度使・淮南西道節度使)と結んで反乱を起こして徳宗を長安から追放する程であった。

だが、憲宗が河南二鎮を攻め滅ぼす事に成功すると、これを恐れた三鎮は一時的に唐王朝に帰順したが、憲宗崩御後に再び独立して自立を回復する。だが、その勢力圏は独立国家を打ち立てるには不十分で、なおかつ北方には強大化しつつあった契丹の存在が三鎮の勢力圏を脅かしていた。更に三鎮の主帥の地位も不安定で有力な配下武将や親衛軍による下剋上による交代も珍しくはなかった。このため、唐王朝による命令を拒絶しながらも、その権威を借りなければ三鎮そのものが維持できないという自己矛盾を内含しつづけていたのである。一方、唐王朝側も王朝自体の衰微もさることながら、契丹の南進を食い止めるために河朔三鎮の自立をあえて放置して、彼らに契丹と対峙させる路線を取るようになった。

だが、朱全忠が唐に代わって後梁を建てると、対立する李克用の勢力との中間に位置した河朔三鎮は一転してその草刈場となる。これに危機感を抱いた盧龍節度使劉守光は「」を建国して両者に対抗しようとするが、燕は李克用の後を継ぎ後唐を建てた李存勗によってたちまち攻め滅ぼされ、魏博節度使は後梁に、成徳節度使は後唐に、それぞれ屈服して、その支配下に入ることになった。