メインメニューを開く

李 綸(り りん、535年 - 574年)は、中国西魏北周の官人。は毗羅。本貫遼東郡襄平県[1]

李弼の子として生まれた。はじめ安寧県開国侯に封ぜられた。司門下大夫に任ぜられ、小吏部下大夫に転じた。車騎大将軍・開府儀同三司・工部・納言・司会・治計部・司宗となった。河陽郡開国公に進んだ。北斉に対する使者をつとめている。574年12月16日、私邸で死去した。洛鳳興三州諸軍事・洛鳳興三州刺史・使持節・驃騎大将軍の位を追贈された。

子の李長雅[2]が後を嗣いで河陽郡公となり、楊堅の娘の襄国公主を妻とした。

脚注編集

  1. ^ 墓誌によると、梁城郡泉洪県の人。
  2. ^ 墓誌によると、李綸の妻は広業郡君宇文氏。世子は李元。次子に李善、李敦、李礼がいた。

伝記資料編集

  • 周書』巻十五 列伝第七
  • 北史』巻六十 列伝第四十八
  • 周故河陽公徒何墓誌(徒何綸墓誌)