李 芳毅(り ほうき、イ・バンウィ、生年不詳 - 永楽2年9月26日1404年10月29日))は、李氏朝鮮初代国王太祖李成桂の三男。

李芳毅
各種表記
ハングル 이방의
漢字 李芳毅
発音: イ・バンウィ
日本語読み: り ほうき
テンプレートを表示
李芳毅の画像

1393年に朝鮮王国が建国されると「益安君」に冊封された。第一次王子の乱に加担し、李芳遠を補佐したことで定社功臣一等となった。定宗が即位すると、宗親と勲臣たちが軍を分けて担当する際、京畿道忠清道を任された。弟の李芳幹第二次王子の乱を起こすと、これに嘆き、官職を辞退して李芳遠(太宗)を間接的に支援した。太宗が即位した時に益安大君に封ぜられ、4年後に亡くなった。

登場作品編集

テレビドラマ

参考文献編集

  • 朴永圭 『朝鮮王朝実録』、尹淑姫神田聡新潮社、1997年9月。ISBN 4-10-536001-9