李 陽焜(り ようこん、イ・ヤンゴン、ベトナム語Lý Dương Côn/ 李陽焜朝鮮語: 이양곤、生没年不詳)は、李朝大越の皇族。旌善李氏の祖。

李陽焜
韓国語
ハングル이양곤
漢字李陽焜
ベトナム語
ベトナム語リ・ドゥオン・コン
クオック・グーLý Dương Côn
チュノム李陽焜

生涯編集

第4代皇帝仁宗中国語版の養子。李陽煥中国語版(後の神宗)と帝位を争って敗れたため南宋に亡命した。建炎元年(1127年)末、靖康の変による混乱を避けるために高麗に移住、慶州に定着した。

参考文献編集