村上武次郎

1956年

村上 武次郎(むらかみ たけじろう、1882年11月10日 - 1969年7月29日)は冶金学者

京都府南桑田郡(現・亀岡市)に生まれる。京都府師範学校を経て東京高等師範学校を卒業し、京都府立第一高等女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)の教師職に就くが、再び学問を志し29歳で京都帝国大学純正化学科へ入学。卒業後も大学に残り講師を務める。近重眞澄の推挙で、1916年新たに設立される東北帝国大学に臨時理化学研究所(所長本多光太郎・現金属材料研究所)に赴任する。以後KS鋼新KS鋼の研究に携わり、ステンレス鋼や高速度工具鋼など新素材の領域で優れた業績をあげた。

略歴編集

 
東京高等師範学校時代(22歳)
  • 1914年 - 京都帝国大学理学部純正化学科卒業
  • 1916年 - 東北帝国大学臨時理化学研究所入所
  • 1923年 - 東北帝国大学工学部金属工学科教授就任
  • 1927年 - 『特殊鋼の物理冶金学的研究』で帝国学士院賞を受賞
  • 1939年 - 日本金属学会設立発起人
  • 1942年 - 第4回日本金属学会賞
  • 1950年 - 日本金属学会・第4代会長
  • 1956年 - 文化勲章受章
  • 1958年 - 第1回本多記念賞
  • 1959年 - 仙台市名誉市民
  • 1969年 - 永眠。妻ゆうとともに故郷亀岡市の保津町墓地に埋葬されている。