メインメニューを開く

リビング11』(リビング・イレブン)は、1972年4月3日から1982年3月31日まで、フジテレビで毎週月曜日から金曜日まで11:00 - 11:45に放送された、平日昼前の情報番組である。

リビング11
ジャンル 生活情報番組
通販番組
制作 フジテレビジョン
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年4月3日 - 1982年3月31日
放送時間 月 - 金曜 11:00 - 11:45
放送分 38.5分
テンプレートを表示

本項は当番組の源流に当たる「東京ホームジョッキー」と後継の「リビング4」「リビング2」も触れる。

目次

概要編集

1960年代末に、三越岡田茂ニッポン放送高崎一郎に日本版テレビショッピングの企画を打診し[1]1970年10月に関東ローカルワイドショー東京ホームジョッキー』として、高崎と中野安子を司会に放送を開始する。東北地方から産地直送する魚介類や北海道の木材を用いた家具などを特別価格として販売した[2]

1971年フジサンケイグループが「サンケイリビング新聞」を創刊して通販事業へ参入し、番組名を10月に『リビング4[注 1]』に改め、12月に「ディノス」を設立する[2]

リビング11』はリビング4の路線を洗練化してインフォメーションプログラムコーナー(生活情報)・通販コーナー(テレショップと、ディノスコーナー)のみで構成され、パーティシペーションCMは一切挟まず[3]、 通販コーナーは産経新聞分冊『サンケイホームニュース[注 2]』と連動した。

リビング4は1975年10月に14時台へ移り、『リビング2』に改題(この時間枠移動の頃よりレポーター・コーナーレギュラーとして豊原ミツ子東海林のり子らが新たに番組に参加)した後、1982年3月の改編で『東京ホームジョッキー』からのシリーズは11年半、『リビング11』は10年、で終了した。

1983年4月に出演者・主要スタッフ・放送局がテレビ東京へ移り『レディス4』として放送される。本番組の通販コーナーは、後継番組の『ワイドワイドフジ』に引き続き内包された。

反応編集

前述のような番組構成でインフォメーションプログラムコーナー部分も外部の業者が提供した情報であったことから、番組全篇が広告ではないかと批判の声が週刊新潮 1972年2月12日号などで高まり、週刊文春1972年3月6日号は「電波の目的外使用の禁止に振れる可能性」、業界誌の『放送レポート』は「テレショップはテレビによるスーパーマーケットの経営で公共電波の私物化」と記事にし、報道機関のあり方やジャーナリズムの観点から営利目的に批判的な意見が、広告主に寄せられた[4]

これらに対応するため、フジテレビは放送開始から2ヶ月後に番組構成を見直し、主婦が参加するクイズやゲームを追加したり、スポンサー付き番組であることを分かりやすくするためにスポットCMを加え、商品の市価や欠点・取扱上の注意も伝え、放送内容や商品のチェックを厳しくし、産経新聞に消費者からの意見を伝えるコーナーを設置した。

またフジテレビが、通販実務担当のディノスから利益を吸い上げているという批判[5] に対応するため、商号を「フジサンケイリビングサービス」に変更(2013年7月ディノス・セシールに変更)したうえ、役員を引き上げた。[6] 1980年3月、日本民間放送連盟はテレビショッピング・ラジオショッピング番組を放送基準項目に追加した。[7]

司会者編集

ネット局編集

  • フジテレビ
  • テレビ静岡(1981年4月放送開始)
    テレビ静岡へのネット開始は、フジテレビ関連会社のフジサンケイリビングサービス(現・ディノス)が静岡営業所を開設したことによる「テレビショッピング枠」確保という戦略的なきっかけからであった。同営業所は、後に「テレビ静岡リビングサービス」→「静岡ディノス」と改称された。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1971年10月 - 1975年9月、16時台に放送。
  2. ^ 当時はラジオ・テレビの番組表と婦人面を併せ持った分冊だったが、後にサンケイリビング新聞社の『リビング新聞』に発展。

出典編集

  1. ^ 高崎一郎さん死去 「ANN」初代DJ、「レディス4」司会スポーツ毎日2013年8月15日付記事より。
  2. ^ a b [1] - Dinos Recruit Site(インターネットアーカイブ保存データ)
  3. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』完全連動番組「リビング11」登場  82ページ
  4. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』法が想定してなかったテレショップ 90ページ
  5. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』法が想定してなかったテレショップ 85ページ
  6. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』法が想定してなかったテレショップ 88ページ
  7. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』生活情報番組 民放連の放送基準に 102ページ
フジテレビ 平日昼前の情報番組
前番組 番組名 次番組
(枠成立前につき無し)
リビング11
(1972年4月 - 1982年3月)
フジテレビ 平日 11:00 - 11:45枠
お嫁さん(再)
(11:00 - 11:30)
愛のダイヤル(再)
(11:30 - 11:45)
リビング11
(1972年4月 - 1982年3月)
ワイドワイドフジ
(10:00 - 11:25)
おばあちゃんの知恵袋
(11:25 - 11:30)
FNNニュースレポート11:30
(11:30 - 12:00)
フジテレビ 月曜 - 木曜 16:00 - 16:45枠
前番組 番組名 次番組
東京ホームジョッキー
(1970年10月 - 1971年9月)
リビング4
【平日帯】
フジテレビ 金曜 16:00 - 16:45枠
あなたの東京
(16:00 - 16:15)
ただ今奮闘中
(16:15 - 16:30)
宝塚ヤングバラエティ
(16:30 - 17:00)
関西テレビ制作】
東京ホームジョッキー
(1970年10月 - 1971年9月)
リビング4
【平日帯】
フジテレビ 平日 16:00 - 16:45枠
東京ホームジョッキー
リビング4
(1971年10月 - 1975年9月)
アンコール劇場
(16:00 - 16:55)
フジテレビ 平日 14:00 - 14:40枠
ひらけ!ポンキッキ
(14:00 - 14:30)
【8:15に移動】
ポパイ(再)
(14:30 - 14:45)
リビング2
(1975年10月 - 1982年3月)
午後の恋人(再)
(14:00 - 14:55)