東京演劇アンサンブル(とうきょうえんげきあんさんぶる)は埼玉県新座市にある劇団[1]

概要編集

1954年俳優座養成所3期生の入江洋祐本郷淳ら15名[2]が前身である劇団三期会を結成[3][4]チェホフ会の演出家広渡常敏と俳優の塚本信夫らも参加した[2]。同年11月に第1回の本公演アーサー・ミラーの「みんな我が子」。最初の目的地は鹿児島県だった[5][6]1972年東京演劇アンサンブルに改名[5]

1957年に初のオリジナル作品「明日を紡ぐ娘たち」を上演。第3回新劇戯曲賞佳作賞を受賞[4]

ブレヒト作品が多く、最初の作品は1958年の「カルラールのおかみさんの銃」。1980年練馬区にあるかつての映画スタジオを借りて改装「ブレヒトの芝居小屋」を名付け拠点となり、ブレヒト作品を中心に上演したが、老朽化が進み、2019年3月を最後に閉館。移転先は未定[3]

創立から代表を務めた広渡常敏が2006年に死去して以降は入江洋佑と志賀澤子と共同で行っている[7][8]

主な作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京演劇アンサンブル(ブレヒトの芝居小屋)
  2. ^ a b コトバンク
  3. ^ a b 東京新聞(2018年9月8日)
  4. ^ a b 桜の森の満開の下(広島公演)
  5. ^ a b 日刊ベリタ
  6. ^ 東京演劇サンサンブル上演記録(1954年-1960年)
  7. ^ 2019年6月30日に、永きに渡り活動の拠点としていたブレヒトの芝居小屋を閉じて、埼玉県新座市に引っ越した。 日本劇団協議会(正会員団体・た行)
  8. ^ 東京演劇アンサンブル公式ホームページ(旧)

外部リンク編集