東名カントリークラブ

東名カントリークラブ(とうめいカントリークラブ)は、静岡県裾野市に所在するゴルフコースである。ゴルフダイジェストのグループ会社である東名観光開発株式会社が運営するコースである。

東名カントリークラブ
東名カントリークラブ
東名カントリークラブ周辺の空中写真。
新東名高速道路の富沢トンネルの真上にクラブハウスと駐車場がある。
2012年11月29日撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
静岡県裾野市桃園300
座標: 北緯35度10分51.66秒 東経138度53分10.83秒 / 北緯35.1810167度 東経138.8863417度 / 35.1810167; 138.8863417
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1968年
設計 竹村秀夫
所有者 東名観光開発株式会社
トーナメント スタンレーレディスゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg コース

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 東名カントリークラブ
テンプレートを表示

概要編集

本コースは1966年(昭和41年)、東名観光開発設立と共に造成が企画され、1968年(昭和43年)7月に完成し、9月に開場した[1]

造成当初からプロゴルフトーナメント開催を視野に入れており、1969年にゴルフダイジェスト社ゴールデンマッチを早くも開催[1]、1971年[注 1]からは男子プロゴルフトーナメントの『ゴルフダイジェストトーナメント』を1997年まで開催した[1]。歴代優勝者には尾崎将司杉原輝雄村上隆中嶋常幸など名だたる顔ぶれが揃っている[2]

2003年からは日本女子プロゴルフ協会ツアー競技のスタンレーレディスゴルフトーナメント[注 2]の開催コースとなっている[3]

コースの特徴編集

富士山を眼前に仰ぐ丘陵地コース。勾配も緩やかでフェアウェイが広く、ゆったりプレーできるのが特色[4]

本コースは合計27ホールあり、9ホールを3つのブロックに分けて“愛鷹”、”裾野”、”桃園”の3コースとしている[5]。なお、スタンレーレディスゴルフトーナメントで使用されるのは裾野コース(Out)、桃園コース(In)である[6]

交通アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 現行の男子プロゴルフトーナメントツアーが整備されたのは1973年からであるため、1971年と1972年の大会はツアー対象外扱いである。
  2. ^ 大会自体は1980年に創設された。

出典編集

  1. ^ a b c 東名カントリークラブ 歴史・沿革 ゴルフダイジェスト社
  2. ^ ゴルフダイジェストトーナメント 歴代優勝者 日本ゴルフツアー機構
  3. ^ スタンレーレディスゴルフトーナメント2003 スタンレーレディスゴルフトーナメント公式サイト
  4. ^ 東名カントリークラブ 住地ゴルフ
  5. ^ コース紹介。東名カントリークラブ公式サイト
  6. ^ コース紹介 スタンレーレディスゴルフトーナメント公式サイト
  7. ^ アクセス 東名カントリークラブ公式サイト

外部リンク編集