東園基雅
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝3年1月5日1675年1月30日
死没 享保13年6月11日1728年7月17日
改名 基茂→基長→基雅
官位 正二位権大納言
主君 霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 東園家
父母 父:東園基量、母:高倉永敦の娘
兄弟 基雅波多益通
正室:藤谷為条の娘
継室:藤谷為茂の娘
基豊基楨松平基知継室、六角基維
テンプレートを表示

東園 基雅(ひがしぞの もとまさ)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿正二位権大納言東園基量の子。官位は正二位・権大納言。主に113代東山天皇・114代中御門天皇時代の朝廷に仕えた。

経歴編集

東園基量の子として誕生。母は高倉永敦[1]の娘。初名は基茂。

延宝7年(1679年)に叙爵。元禄2年(1689年)に従四位下左近衛少将に進んだ際に基長と改名した。その後左近衛中将・蔵人頭を経て、元禄13年(1700年)に参議となり公卿に列する。踏歌節会外弁、権中納言などを経て、享保4年(1719年)には権大納言に就任した。享保8年(1723年)まで同職に在職している。その間に正二位に昇っている。享保11年(1726年)に基雅に改名した。

享保13年(1728年)、薨去。享年54。日記『東園基長卿記』を今日に残す。元禄14年(1701年)に起こった赤穂事件浅野長矩が切腹のうえ改易されることについて「不便々々(ふびんふびん)」と記している。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 正二位権大納言
先代:
東園基量
東園家
4代
次代:
東園基豊