東山天皇

日本の第113代天皇

東山天皇(ひがしやまてんのう、1675年10月21日延宝3年9月3日〉 - 1710年1月16日宝永6年12月17日〉)は、日本の第113代天皇(在位: 1687年5月6日貞享4年3月25日〉- 1709年7月27日宝永6年6月21日〉)。朝仁(あさひと)。幼名は五宮

東山天皇
泉涌寺所蔵

即位礼 1687年6月7日(貞享4年4月28日
大嘗祭 1687年12月20日(貞享4年11月16日
元号 貞享
元禄
宝永
時代 江戸時代
征夷大将軍 徳川綱吉
先代 霊元天皇
次代 中御門天皇

誕生 1675年10月21日延宝3年9月3日
崩御 1710年1月16日宝永6年12月17日
陵所 月輪陵
追号 東山院
(東山天皇)
朝仁
称号 五宮
元服 1687年3月6日貞享4年1月23日
父親 霊元天皇
母親 松木宗子
中宮 幸子女王
子女 秋子内親王伏見宮妃)
一宮
二宮
寿宮
慶仁親王(中御門天皇
福宮
閑院宮直仁親王
公寛法親王
光明定院宮
聖祝女王
皇居 平安宮(京都御所
テンプレートを表示

追号の「東山」は陵所泉涌寺山号に因む。

御宇編集

東山天皇の御代は、朝幕間が融和し、また後水尾上皇以来の朝儀復興への努力が開花した時代であった。武家伝奏の人事権を幕府から朝廷に取り戻す嚆矢となり、御料(皇室領)はこれまでの1万石から3万石になり、朝廷は財政面でも著しく好転した。

生涯編集

霊元上皇による院政編集

延宝3年(1675年)9月、霊元天皇の第四皇子として誕生。

天和2年(1682年)3月に儲君となり、12月に親王宣下があった。しかしこれは次期天皇として朝幕間で内定していた一宮(済深法親王)を大覚寺に入寺させての強引なものであった[1]

天和3年(1683年)2月に直仁親王崇光天皇皇太子、南朝により廃される)以来300年ぶりの立太子礼を経て皇太子となる。貞享4年(1687年)1月に元服し、同年3月21日に霊元天皇の譲位にともない践祚した。同年4月に即位式をあげた。さらに11月16日には長く廃絶していた大嘗祭の儀式を復活させた。この背景には朝儀復活や王政復古運動に尽力していた父・霊元天皇の意向が強く働いていた。霊元の活動はかなり強引であり、幕府や関白を軽視し、鷹司房輔が「所詮当時の躰、摂家滅亡なり、これすなわち朝廷大乱のあいだ」と嘆く状況であった[2]

霊元上皇は東山践祚の後は院政を敷くつもりでいた。しかし幕府は譲位もなかなか認めようとせず、譲位にあたっても「東宮御即位以後御作法の儀、万事院御所尾御差し引き遊ばれるように、関白、両伝を持って申し上げられるべく候(皇太子が即位した後は霊元上皇は口出しを控えるように、関白と武家伝奏)が申し上げるように)」と釘を刺した[3]。しかし、霊元は精力的に介入し、元禄7年まで天皇が行う儀式である四方拝を自らが行い、左大臣近衛基熙が「二主あるがごとし」と批判している[4]

こうしたことから摂家・武家伝奏・議奏といった禁裏執行部からは元禄4年(1694年)以降度々政務移譲を迫られるようになったが、逆に霊元は皇室への忠誠を要求する誓詞に血判させ、彼らの憤激を買っている[5]。元禄4年4月23日には前関白一条冬経が朝廷政務に上皇が一切関わらないようにという勧告を行ったが、霊元上皇は重大事項には関与し続けるという意思を示している[6]

ついに元禄6年(1693年)10月23日には、譲位後に霊元が政務に口出ししてはならないという将軍の意思を無視しているという抗議が幕府から行われた。これを受けて11月26日には政務の完全な移譲が行われた。しかし霊元上皇は裏面からの介入を諦めようとははしなかった[7]

親政期編集

東山天皇は父と対立した朝幕協調派の関白近衛基熙を信任しており、父霊元上皇の介入を防ごうとしていた。元禄7年(1694年)4月には霊元派の議奏勧修寺経慶清水谷実業を辞職させた[8]。さらに元禄10年(1697年)には母・松木宗子敬法門院)の信任の厚かった議奏中御門資熙を更迭させるよう京都所司代松平信庸にはたらきかけているが、所司代の同意が得られず失敗している[8]。しかし天皇は諦めず、大奥のルートを使って将軍徳川綱吉に直接働きかけ、元禄12年(1699年)5月に中御門に議奏を辞任させ、8月には幕府より逼塞の命を下させた。更に霊元派であった武家伝奏正親町公通の排斥も幕府に働きかけ、元禄13年(1700年)に辞職に追い込んでいる[9]

元禄14年(1701年)3月、東山天皇が江戸へ派遣した勅使柳原資廉高野保春の接待をめぐって接待役の赤穂藩浅野長矩が指南役の高家吉良義央に斬りかかるという松之大廊下の刃傷事件が発生する。

近衛基熙の日記によると、近衛が東山天皇にこの凶事について報告をしたときの天皇の反応について「御喜悦の旨、仰せ下し了んぬ」と記している。 また、「帰洛した勅使両名及び院使・清閑寺熈定の3人を、参内禁止の処分を行った」と記される。

宝永元年(1704年)6月、痰の持病のため灸治療を行いたいとして、5歳の姫宮(後の秋子内親王)への譲位を行いたい意向を伝えたが、幕府は東山治世の継続を願い許可しなかった[10]

宝永4年(1707年)3月、長宮慶仁親王を儲君と定め、翌年立太子させた[11]。宝永6年(1709年)6月、譲位を行い、長宮が即位した(中御門天皇)。自ら院政を開始する意向があったと見られるが、その後まもなく天然痘にかかって崩御[11]。宝算36(満34歳没)。

系譜編集

霊元天皇の第四皇子。母は内大臣松木宗條の娘、典侍宗子(敬法門院)。

  • 中宮:幸子女王(承秋門院)(1680-1720)
  • 典侍:櫛笥賀子(新崇賢門院)(1675-1709)
    • 第一皇子:一宮(1693-1694)
    • 第二皇子:二宮(1696-1698)
    • 第四皇子:寿宮(1700-1701)
    • 第五皇子:慶仁親王(中御門天皇)(1702-1737)
    • 第二皇女:福宮(1703-1705)
    • 第六皇子:直仁親王(1704-1753) - 初代閑院宮(現在の皇室の祖)
  • 典侍:冷泉経子(1678-1755)
    • 第三皇子:公寛法親王(1697-1738) - 天台座主
  • 掌侍:高辻(菅原)長豊の娘
    • 第三皇女:光明定院宮(1707、即日没)
    • 第四皇女:聖祝女王(1709-1721)

直仁親王の子鷹司輔平鷹司家の養子となり、その子孫には大正時代元老西園寺公望もいる。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
107 後陽成天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
108 後水尾天皇
 
近衛信尋
 
高松宮(有栖川宮)好仁親王
 
一条昭良
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
109 明正天皇
 
110 後光明天皇
 
111 後西天皇
 
112 霊元天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有栖川宮幸仁親王
 
113 東山天皇
 
職仁親王
有栖川宮家へ〕
 
吉子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正仁親王
 
114 中御門天皇
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

在位中の元号編集

陵・霊廟編集

 
月輪陵(京都府京都市

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は石造九重塔。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

御製・宸筆編集

  • 『東山天皇宸翰 御懐紙』- 宝永6年(1709)3月7日御会始の際の宸翰[12]
  • 『東山天皇徽号勅書(宝永三年八月十二日)』- 国宝・重要文化財(美術品)[13]。(妙心寺・所蔵)

脚注編集

参考文献編集

  • 宮内省図書寮編 『東山天皇実録』 ゆまに書房、2006年。ISBN 4-8433-2032-3 
  • 藤田覚『天皇の歴史6 江戸時代の天皇』講談社〈講談社学術文庫〉、2018年。ISBN 978-4065116401

関連項目編集