メインメニューを開く

東坊城徳長

東坊城徳長

東坊城 徳長(ひがしぼうじょう よしなか、明治2年5月17日1869年6月26日) - 大正11年(1922年8月8日)は、日本華族御歌会奉行貴族院議員を務める。官位正三位勲三等子爵大学頭東坊城任長の子。幼名は信丸。

目次

略歴編集

1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵した[1]。後に宮中に仕え、御製取調掛・掌典明治天皇御製臨時編纂部員・御歌所参候・御歌会始奉行等を歴任する。明治44年(1911年)子爵議員として貴族院議員に就任、研究会に属す。東坊城家の先祖の菅原道真を祀る大田神社奉賛会である東風会会長を明治35年(1902年)より務めた。死後嫡男の政長が継いだ。

次女の敏子は大正期に貞明皇后付の女官として長年勤め、宮中でその美貌から禁廷に咲く白百合一輪、通称、白百合の局と呼ばれ、長田幹彦『小説天皇』のヒロインのモデルとなった。後に目黒雅叙園の創始者である細川力蔵に嫁いだ。俳優東坊城恭長は三男、女優の入江たか子(本名:英子)は三女、入江若葉は外孫に当る。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。

参考文献編集

関連項目編集


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
東坊城家初代
1884年 - 1922年
次代:
東坊城政長