メインメニューを開く

東條 輝雄(とうじょう てるお、1914年(大正3年)9月23日 - 2012年(平成24年)11月9日)は、昭和期の日本の航空技術者実業家

目次

来歴・人物編集

陸軍大将・第40代内閣総理大臣東條英機の次男として東京府東京市にて出生。父から軍人よりも技術者になるよう勧められ、東京府立第六中学校旧制福岡高等学校東京帝国大学航空学科を経て三菱重工業に入社し、名古屋航空機製作所に勤務。ゼロ戦の設計チームに配属され、強度計算を担当した。

第2次世界大戦敗戦後の航空禁止で閑職となったが、日本航空機製造に出向してYS-11C-1輸送機の開発のリーダーを務める。三菱重工業副社長、1981年(昭和56年)から三菱自動車社長、同社会長、同社相談役等を歴任した。社長になった翌年に三菱・パジェロが発売されている。2003年(平成15年)に日本航空協会から航空亀齢賞を授与されている。

2012年(平成24年)11月9日、老衰のために逝去した[1]。98歳没。

親族編集

脚注編集

  1. ^ 東条輝雄氏死去(元三菱自動車社長) 時事通信 2012年11月13日閲覧

関連項目編集


先代:
曽根嘉年
三菱自動車工業社長
第4代:1981年 - 1983年
次代:
舘豊夫