メインメニューを開く

冨永 信政(とみなが のぶまさ、1888年3月23日 - 1943年11月9日)は、日本陸軍軍人、最終階級は陸軍大将

冨永 信政
生誕 1888年3月23日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1943-11-09) 1943年11月9日(55歳没)
インドネシアアンボン
所属組織 日本陸軍
軍歴 1909 - 1943
最終階級  陸軍大将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京都出身。冨永政利陸軍中佐の息子として生まれる。早稲田中学名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て陸軍士官学校を卒業。

日中戦争勃発後には、第21師団の第21歩兵団長として徐州に駐屯し治安維持に当たる傍ら蘇北作戦などにも参戦。次いで1940年(昭和15年)12月から第27師団長として天津に駐屯。

1942年(昭和17年)12月に第19軍司令官に補されインドネシアアンボンに赴任するが現地で発病、1943年(昭和18年)11月9日に亡くなる。没後、陸軍大将を贈られ、1974年(昭和49年)9月28日には勲一等旭日大綬章(戦歿者叙勲)を贈られた。

年譜編集

栄典編集

親族編集

参考文献編集

脚注編集