メインメニューを開く

東谷 玲衣奈(とうこく れいな、女性、1999年4月28日 - )は、日本バレーボール選手である[1][2]V.LEAGUE Division1のデンソー・エアリービーズに所属している[3]

東谷 玲衣奈
Reina Tokoku
デンソー・エアリービーズ  No.20
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍  ガーナ/日本の旗 日本
生年月日 (1999-04-28) 1999年4月28日(20歳)[1]
出身地 日本の旗 神奈川県座間市
ラテン文字 Reina Tokoku
身長 176cm[1]
体重 65kg[1]
選手情報
所属 デンソー・エアリービーズ
愛称 レイナ
ポジション WS
指高 231cm
利き手
スパイク 303cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

神奈川県座間市出身[2]。実父はガーナ人、実母は日本人というハーフ。小学2年次より地元のバレーボールクラブに通い、熊田康則らの指導を受ける[4]。中学校は強豪校である八王子実践中学に進学。2014年12月に開催された全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場し、エースとしてベスト4入りを果たす原動力となり、自らも優秀選手賞に輝いた[5]

2016年1月に開催された春高バレーでは準優勝に耀き、自らも優秀選手賞を受賞した[6]。同年7月、全日本ジュニア代表に選出された。タイナコンラチャシマで開催されたアジアジュニア選手権に出場し[1]、決勝でフルセットの末に惜敗したが見事に準優勝の原動力となり、自らもベストアウトサイドスパイカー賞に耀いた[7]

2017年2月、日本バレーボール協会は東谷と菊地実結のペアをアジアU-21女子ビーチバレーボール選手権に参加させると発表した[8]。初のビーチバレー国際大会となったが、出場19チーム中11位でフィニッシュした[9]

同年12月、プレミアリーグ(当時)のデンソー・エアリービーズは東谷ら2選手の入団内定を発表した[10]。2018年11月10日のV.LEAGUE Division1・対埼玉上尾メディックス戦に途中出場し2得点をあげてVリーグデビューを果たした[11]

所属チーム編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日本バレーボール協会. “全日本メンバー”. 2016年12月12日閲覧。
  2. ^ a b nikkansports. “東谷玲衣奈、闘争心で最多27点。八王子実践決勝へ”. 2016年12月12日閲覧。
  3. ^ 東谷玲衣奈”. デンソー・エアリービーズ. 2018年11月12日閲覧。
  4. ^ 座間市出身東谷玲衣奈選手1年生エース 春高で躍進”. タウンニュース. 2016年12月14日閲覧。
  5. ^ 『月刊バレーボール』2015年2月号 63ページ
  6. ^ 春の高校バレー-日程・結果”. フジテレビ. 2016年12月14日閲覧。
  7. ^ 試合結果”. 日本バレーボール協会. 2016年12月14日閲覧。
  8. ^ 第2回アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権大会 日本代表チーム2組が決定”. 日本バレーボール協会. 2017年2月27日閲覧。
  9. ^ 村上礼華/出口花組が2大会連続準優勝、東谷玲衣奈/菊地実結組は11位 第2回アジアU-21女子ビーチバレーボール選手権大会”. 日本バレーボール協会. 2017年3月7日閲覧。
  10. ^ 2018年度 新人選手の加入について”. デンソー・エアリービーズ (2017年12月26日). 2018年11月12日閲覧。
  11. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構 (2018年11月10日). 2018年11月12日閲覧。