東野利夫

日本の医師、小説家、医学史研究家

東野 利夫(とうの としお、1926年 - 2021年4月13日)は、日本の医師小説家医学史研究家。

医学史の研究家として数々の作品を残す。日本ペンクラブに所属し、いわゆる九大生体解剖事件の目撃者として貴重な体験談を後身に示した。

経歴編集

  • 1926年 - 福岡県生まれ。
  • 1950年 - 九州大学医学部附属医学専門部卒業、九州大学医学部産婦人科学教室に入局[1]
  • 1958年 - 福岡市内で産婦人科医院・東野産婦人科を開業。
  • 1960年 - 九州大学より博士号取得。
  • 1984年 - 北川晃二・、北田倫とともに同人誌『西域』創刊(1995年終刊)。
  • 2008年11月29日 - 九州大学医学部構内において開催された日本生命倫理学会第20回年次大会で「いわゆる『九大生体解剖事件』の真相と歴史的教訓」を講演した。
  • 2021年4月13日 - 肺炎のため福岡市内の病院で死去[2]。95歳没。

著作編集

  • 『汚名:「九大生体解剖事件」の真相』文藝春秋社1979年
  • 『赤ちゃんが一番ほしがっているもの:これからの母親の育児法』桐原書店、1986年
  • 『南蛮医アルメイダ:戦国日本を行きぬいたポルトガル人』精興社1993年ISBN 4-7601-0908-0福岡市文学賞受賞)
  • 『あなたもできる自然分娩:マタニティ・ヨーガと新しい育児』柏書房、1996年、ISBN 4-7601-1383-5
  • 『戦争とは敵も味方もなく、悲惨と愚劣以外の何物でもない』自費出版、2017年
    • 『東京新聞』2018年1月21日付朝刊にインタビュー記事

脚注編集

  1. ^ "スタッフ紹介:東野利夫". 東野産婦人科 公式サイト. 東野産婦人科. 2021年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月21日閲覧
  2. ^ "九大生体解剖事件の最後の証人 東野利夫さん死去". 西日本新聞. 西日本新聞社. 14 April 2021. 2021年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月14日閲覧

外部リンク編集