メインメニューを開く

東野 芳明(とうの よしあき、1930年9月28日 - 2005年11月19日)は、東京都出身の美術評論家

来歴・人物編集

都立一中一高を経て、1954年東京大学文学部美学科卒。1967年多摩美術大学美術学部共通教育非常勤講師。1968年同大学助教授。1973年教授。1981年芸術学科を創設。1993年名誉教授。ヴィネチア・ビエンナーレの日本館コミッショナーや美術評論家連盟の会長などを歴任。

1954年、「パウル・クレー論」で美術出版社の美術評論新人賞を受賞し、美術評論家として活動を始めた。1956年、大岡信飯島耕一らと共にシュルレアリスム研究会を設立。欧米に遊学し、抽象表現主義ネオ・ダダなどの海外の美術動向を日本に紹介した。ジャクソン・ポロックジャスパー・ジョーンズの紹介はとくによく知られている。1960年代読売アンデパンダン展をめぐり、宮川淳と「反芸術」論争を行なった。1970年代マルセル・デュシャンの研究に没頭し、瀧口修造らとともに『大ガラス(彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも)』の東京版レプリカを制作した。

1967年から多摩美術大学で教鞭をとり、1981年に同大学の芸術学科を創設(1970年に設立予定だったが、学園紛争の影響で、1981年度からの学生募集となった)。「アート」を狭い枠で捉えず、ファッション・演劇・建築・音楽・文学などを横断するものと捉えていた。ゼミでは現代美術展「TAMA VIVANT」を開催し、多くのキュレーターを育てた。美術家となった教え子には海老塚耕一古田裕らがいる。

素潜りが趣味で、水中写真の撮影を数多く行ない、写真展も幾度か開催した。

1990年脳梗塞で倒れ、闘病生活ののち、2005年11月19日に75歳で死去した。

美術雑誌「美術の窓」に、美術評論家の米倉守による東野芳明の評伝「アクアデミックの詩学」が連載されたが、米倉の死去により未完となった。

著書編集

  • 『グロッタの画家』(美術出版社、1957年)
  • 『現代美術-ポロック以後』(美術出版社、1960年)
  • 『パスポートNO.328309』(三彩社、1962年)
  • 『アメリカ 虚像培養国誌』(美術出版社、1968年)
  • 『マルセル・デュシャン』(美術出版社、1977年)
  • 『ジャスパー・ジョーンズ そして/あるいは』(美術出版社、1979年)
  • 『裏切られた眼差 レオナルドからウォーホールへ』(朝日出版社、1980年)
  • 『曖昧な水 レオナルド・アリス・ビートルズ』(現代企画室、1980年)
  • 『つくり手たちとの時間』(岩波書店、1984年)
  • 『クルマたちとの不思議な旅 新・自動車文化論/ずーっと、助手席人間』(ダイヤモンド社、1985年)
  • 『ロビンソン夫人と現代美術』(美術出版社、1986年)
  • 『クルマたちとの不思議な旅 新・自動車文化論/ずーっと、助手席人間』(中公文庫、1988年)
  • 『マルセル・デュシャン「遺作論」以後』(美術出版社、1990年)

編書編集

訳書編集