メインメニューを開く

松前 公広(まつまえ きんひろ)は、蝦夷地松前藩(正式には交代寄合)の2代藩主。旧字体での表記は公廣

 
松前公広
時代 江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 寛永18年7月8日1641年8月14日
改名 竹松丸(幼名)→茂広(初名)→公広
別名 甚五郎、武広
戒名 公広院殿渓雲宗愚大居士
墓所 北海道松前郡松前町の大洞山法憧寺
官位 従五位下志摩
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前盛広、母:下国直季
正室大炊御門資賢
継室:蠣崎守広娘・藤子
兼広松前広維室、氏広泰広広諶幸広蠣崎清広室、新井田成政室、女子、蠣崎広林
テンプレートを表示

生涯編集

慶長3年(1598年)、初代藩主・松前慶広の長男・松前盛広の長男として松前大館で生まれる。父・盛広が慶長13年(1608年)に早世したため、慶広の世子となる。慶長19年(1614年)に従五位下、志摩守に叙位・任官する。元和2年(1616年)、祖父・慶広が死去したため、元和3年(1617年)に家督を継いで2代藩主となった。

元和6年(1620年)、福山館の城下町を整備する。寛永10年(1633年)の幕府巡見使を契機に、寛永12年(1635年)、村上掃部左衛門に領内の地図を作らせた。商場を知行として家臣に分与する商場知行により家臣団を確立し、財政においては金山奉行を設置して砂金の採取にあたらせ、初期の藩政を助けた。公広はさらなる藩の政治経済の安定に従事したが、寛永14年(1637年)、火事のために福山館が焼失してしまったうえ、自身も火傷し、その政策は挫折してしまった。寛永16年(1639年)には、幕府のキリシタン取締りの命により、キリシタン106名を処刑した。

寛永18年(1641年)7月8日に死去。享年44。家督は次男・氏広が継いだ。

辞世の句編集

来し道も 帰る道にも ただひとり のこる姿は 草の葉の露

人物編集

  • 沢庵宗彭から仏道を、小幡景憲から軍学を学んだという。
  • 文化人で、諸芸にも通じていたとされる。松前藩の藩政は、慶広と公広の時代に確立している。

参考文献編集

  • 藤野保・木村礎・村上直編 『藩史大事典 第1巻 北海道・東北編』 雄山閣 1988年 ISBN 4-639-10033-7