メインメニューを開く

松前 盛広(まつまえ もりひろ、旧字体:盛廣)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将蝦夷松前藩(正式には交代寄合)の初代藩主・松前慶広の長男。

 
松前盛広
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀2年(1571年
死没 慶長13年1月21日1608年3月7日
改名 松房丸(幼名)→守広(初名)→盛広
官位 従五位下若狭
幕府 江戸幕府
主君 松前慶広
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前慶広、母:村上季儀
兄弟 盛広喜庭直信室(のち津軽信建正室)、
忠広利広由広次広景広安広満広下国広季
正室:下国直季
公広、養子:由広
テンプレートを表示

生涯編集

元亀2年(1571年)、松前慶広の長男として生まれる。

豊臣秀吉の死後、父・慶広と共に徳川家康に臣従した。慶長5年(1600年)に家督を継承したとされ、翌6年(1601年)に従五位下・若狭守に叙位・任官するが、政務は依然として慶広は執り行っており、慶長9年(1604年)、幕府より黒印制書を受け松前藩が成立した際も、父・慶広が藩主として封じられた。

慶長13年(1608年)1月21日に父に先立って死去した。享年38。このため、盛広の長男・公広が慶広の世子となって家督を継ぐこととなった。